FC2ブログ

県境へのざわめき

2018年01月13日 12:52






IMG_3516.jpg




きたかった場所、その2 門司港エリア







IMG_3523_2018010920450278b.jpg






IMG_3526.jpg






IMG_3528_20180109204504847.jpg






IMG_3525.jpg







関門海峡エリアは、ずっと行きたくて


九州側も山陰側も楽しみにしていたのだけど、


山口県へ渡る前に、この門司港でぶらりしようと決めていた。







IMG_3529.jpg





港町って、なぜか惹かれる。






門司港はそこまで広いエリアと言うよりは


中心にぎゅっと集まっているような場所だったので


すんなり歩き回れた。








IMG_3533_20180109204957579.jpg







IMG_3532.jpg





古い建物が見られるのも魅力。



そして、いたるところに「焼きカレー」の文字を見つけた。




門司港の名物?みたいなのだけど、カレーかー。と


思いつつも、


この港で押してるから、ランチで食べることにしたのだよ。








IMG_2972.jpg






普通に、予想通りの味。美味しい。



セットで1100円くらいしたのかなー。





旅を終えて気づいたのだけど



正直、この食事がこの旅の中で1番高い食事だった。







IMG_3530.jpg





門司港から下関へ渡るには、


フェリー、新幹線、車両で橋を渡る、海底トンネルを歩く


などの選択肢があるのだけど




時間もあるし、のんびり散歩がてら


海底トンネル入口に向けて歩くことにした。





IMG_3536.jpg





でも正直、この門司港から歩き始めてる人って、


誰も見なかった...。笑







IMG_3538.jpg






関門橋を生で見て、感動したなー。



1973年に開通し、全長は1,068mらしい。






IMG_3539.jpg




しばらく歩くと、やっとこ入り口を発見。






IMG_3542.jpg






ついに来たかー。ここからエレベーターで下へ。



ちなみに門司港側は、地下約60m下がる。








IMG_2985_20180109212148dce.jpg






IMG_2986_20180109212150c74.jpg







人は無料だけども、自転車やバイクは20円。


押して歩けるみたい。









IMG_2988_20180109212152153.jpg






もう、海中なのだね。ちょいとテンション上がるな。








IMG_3545_201801092121545b0.jpg





それにしても長いなー


先が見えないのだけど、距離にしたら780m。



案外、近いのかも。






綺麗な直線なのだけど、うすら勾配もついている。








IMG_3547.jpg






壁面には、可愛らしいお魚ちゃんの絵。


和む。




しばし歩くと、ついにきたよ。







IMG_2994.jpg







IMG_3069_20180109212629b1d.jpg




県境って、結構好き。




ラオスとタイの国境に立った時も、


テンションが上がった。




ロマンすら感じる。(変な領域)







IMG_3546.jpg





この関門トンネルは二重構造で、ここは我々が歩けるのだけど


上は、車などの車両が渡れる構造。







IMG_2995.jpg




気づけば、下関側まできてたよ。(下関側からは55m上に上がる)








IMG_3550.jpg





IMG_3551.jpg





山陰側へ入りました。






すぐ、壇ノ浦の戦いの舞台になった場所が見え


そのまま下関駅方面へ歩き始めたのだけど、


神社があったり、市場があったりした。





IMG_3554.jpg






IMG_3558_20180109213849d57.jpg






初日は、バックパックを背負ったまま行動していたので、


まあまあ歩いたのもあり、


ちょいと疲れがだんだん出てきた。







IMG_3560.jpg




あーあ、今日は2つ目の市場にきたのに、ここも休市。




正月じゃなかったらなー、


ここでなんか買ってお外で食べれたのになー





なんて思いながら、ぶらついていたのだけど



あと下関駅までどのくらいか見たら2.7キロ。





普段なら歩ける距離なのだけど、


もうしょっぱなから飛ばしたくなく、


うん、くたびれたからバスに乗っちゃおーと思い


先にバス停が見えたので時刻表を見ていたら、


すぐ来た。




ちょうどいいタイミングだったみたい。







天気も快晴。


雲も少なく、旅の中で1番天気が良かった日。








✳︎参考✳︎ 本日の移動

ウォーキング距離:13.6キロ

歩数: 27,110歩

上がった階数:26階





あやこさW7







スポンサーサイト

小倉日記

2018年01月09日 21:42






北九州空港に到着したあたしは、


空港バスで小倉へ移動。





北九州には泊まらないので、夜に見たかった


工業地帯を目に焼き付け、小倉で下車。






小倉で降りた目的は、2つ。







IMG_3505.jpg





市場でご飯を食べたかったのできたものの



案の定、お正月だもんな、休市か。



残念〜。






もう一つの目的へ向かう途中に、なにこれ的なもん発見。







IMG_3506.jpg





こーわい。


頭がペンネ? なにこれ。






そして皆、片方だけちゃんと靴下履いている。



怖いわ。ドキドキする。









IMG_3512_20180108164744523.jpg





小倉といえば、皆ここへいくのだろうなー


小倉城。






あたしはそこまで興味はないなーと思いつつ



きたかった場所に着いたよ。








IMG_3507.jpg





IMG_3508_20180108164742891.jpg




松本清張記念館







好きな作家のうちの一人で、こっちにきたからには


見たかった。





もともと推理小説が好きなので、


松本清張や東野圭吾をよく読んでいるのだけど




松本清張の作品の、人間の明るい部分より


歪んだ感じとか暗さとかを


うまく表現してるところが好きで、どんどん世界に入ってしまう。






個人的には、「点と線」「鉢植えの女」「黒革の手帳」「強き蟻」


が特に好きな作品。






撮影は❎だったので、うまく伝えられないかもだけど、



今までの作品をずらり紹介してあり


生涯の歴史や、映像コーナー(推理劇場)、


作品ずらり並んでる図書館、書斎や書庫を再現した展示などもあった。






マニアックなのか、年明けから来るような人はあまりいないらしく



4人くらいしかいなかったので、ゆっくり見れた。




ミュージアムショップでは、本屋に置いてない見たことのない作品も


多数取り揃えていた。





小説買って帰ろうと思い、2冊気になったのがあったのだけど


結局1冊だけ購入。





IMG_3012.jpg





IMG_3011.jpg







IMG_3010.jpg







記念館に寄った後、駅へ向けてぶらぶら歩いていると、


神社。






IMG_3510.jpg





まだ初詣をしていなかったので、ここでお詣りをした。


小倉八坂神社という神社で


2017年で創建400年だったらしい。







IMG_3513.jpg





小倉で他に行きたいところも特に思いつかず、


次に行きたいとこへ移動することにしたー。






IMG_3001.jpg




駅の看板がなんだかほっこりする。






IMG_3004_20180108171933982.jpg




関東は、駅そばだけど


こっちは、そばよりうどんなのだね。




どの県からメインがそばからうどんに変わるのだろうかー。






IMG_3514_20180108171934b98.jpg





IMG_2971.jpg







車内、派手。


草間彌生かのようなデザイン。らぶ





IMG_3515_20180108171936b69.jpg






門司港へ。






あやこさW7




首里

2012年07月31日 00:34




5日目、ぴーかん。


IMGP0880.jpg


IMGP0879.jpg


午前中から、染物体験をして工房を見学したりした。






IMGP0883.jpg


そして今更行くの?まだ行ってなかったんだという首里城。



R0022138.jpg




前回もさ、金城石畳は歩いたものの変な時間にこの辺りに

着いたのもあってさ、断念したんだよな。



真っ赤な漆塗りがとてもキレイだなという印象。




しかしだよ、後ろが工事していてクレーンが丸見えだって。

なので、正面から撮るとすごくかっこわるくて。



R0022133.jpg



あとやたら中国人客がいたな。というのも、きっと中国人は沖縄好きなはずかも

と思った。



琉球は、中国と貿易を始めていたし

いい関係なのかもだな。



DSC_0517.jpg




そして、首里城を出たとこにあった、

ブルーシールのゆみこがすごく気になったけど

いや、いまはアイスじゃないな、水分と思い

スムージーを飲んだ。




IMGP0900.jpg



IMGP0895.jpg



なんでこの炎天下の中、散歩したんだよと思うくらい

なのだけど、


モノレール乗ってみるかと思い、駅はどこなんだよと

うろうろしてたとき、撮ったもの。

これは石畳のあたり。



IMGP0929.jpg



IMGP0909.jpg



この時点で、方向間違っているのだけど

ちょうどお腹も減ったし、食堂に入る。




IMGP0914.jpg



R0022151.jpg



ちょうどお昼時とはいえ、他に客いなくって店の婦人は

いいともを見入っていた。




R0022153.jpg



注文したものを作ってくれた後、すぐにまたテレビの方へと

消えた婦人。



相当、うきうきウォッチングに夢中らしい。




IMGP0912.jpg



IMGP0928.jpg




この後また歩き始めたのだけど、珍しく方向音痴に

なってしまい、結局駅までバスに乗っちまったよ。


IMGP0915.jpg



歩き途中に見つけた、かっこいいシーサー。



IMGP0925.jpg



なんか、シーサー界でモテそうなイメージ。





IMGP0920.jpg


これはぶたちゃん。これは座って休憩も出来そうでよいね。





IMGP0922.jpg



これはペンギン。




なかなかとシャレた道だったな。


冬だったらもっと歩けたのにな。



IMGP0921.jpg


IMGP0930.jpg




あやこさW7



一軒家

2012年07月30日 00:32



IMGP0873.jpg



この後、とりあえず那覇まで戻りバスに乗ったのだけど

みてよ、これ。



IMGP0872.jpg



ちなみにさ、バスの運賃番号33くらいしかなかったのに

奇跡の38。




なんなの?降りるとき、運転手となんでだろねと

首かしげてみたけども、あたしだけこういうわけのわからぬ

ことが時たま起こる。




そしてコインロッカーで荷物をとり

やっぱりあったか携帯もあり

時間が分かるようになって落ち着いた。

(結局デジカメの設定のとこわざわざ開いて時刻確認してたw)




R0022129.jpg


R0022128.jpg




なんだかいろんな意味で疲れた4日目の宿は、

南風原町にある民家。





ここは2組くらいしか泊れない平屋で、今日はあたしだけなので

家に帰ってきたような気分。





ちなみにオーナーさんはここには住んでいない為

ほんとに家に住んでるかのような感覚。



R0022108.jpg


R0022110.jpg


R0022111.jpg



R0022112.jpg



キッチンもあるし、お風呂も、洗濯機(しかも洗剤まである☆)も

貧乏旅のあたしにとっちゃ、必須もんが全て揃っていて

最高だった。




めずらしく、部屋が写真では全体が写らない程広かった!




オーナーさんが、近くで居酒屋をやっているので

夕飯よかったら食べにおいでと言ってくれたので

食べに行った。




R0022119.jpg



まず、今日の疲れを流すためオリオンビールぐびぐび。




あたしいままで飲んだオリオンビールの中でも

この店のビールが一番美味しかった!!!




なので、是非是非行ってもらいたい。



R0022117.jpg



豆腐チャンプルを作ってもらい、結構なボリュームな上

ほかに麺が入ったスープまで出してくれた!!




ビールも飲んだしこんなにごちそうになったのに

500円でいいって!!!太っ腹すぎる。



ご飯も美味しかったしさ。





また沖縄旅にくることがあったら、次回も泊りたいし

ご飯食べに来たい店だった。





この日は、ほんとは街の方へ繰り出しライブでも行くかなと

思っていたのだけど、


あまりにもいろんなことがありすぎて

疲れちゃい、


この後20時半くらいでおとなしく民家へ帰り

隣の家から聞こえてきた三線と歌声に耳を澄ませ

満月を見ながら、眠ってしまった。



R0022130.jpg




あやこさW7




斎場御嶽

2012年07月29日 00:31




斎場御嶽



ここはすごく来たかった所。





ここも、七御獄のうちのひとつで世界遺産に登録されているとこ。





歩いていると、妙な空気感でこのあたしでも

長居はしなかったほど。




ゆっくり見たい気持ちはありつつも、ここも体がちょいと

強ばってた。




独特の空気が半端ではなかった。




とはいえ、すごく緑といい自然が素晴らしくって

ここの自然はいいなーと思った。





でもなぜかせーふぁーうたきだけ、未だに写真をじっくりとは

見れないでいるのです。





今回、書くのもためらったし、写真選ぶのも

正直気が進まなくって。





だから、ここでの写真は載せるのをよしました。




よく写真等で載っている、さんぐーい等

神秘的な造形よね。





そのときなのだけど、なにか奥で揉めているのか

ざわざわ感があったからなかなか奥にいけず

少し待って人が行ってから、奥に進んだ。





すると、右の方で手を合わせてしゃがんでお祈りみたいのを

しているひとがいたので、

見ちゃ悪いと思い、反対側の方を観ていた。





そう、これも雑誌とかで載っている

せーふぁーうたきから久高島が見えるポイントの所。




きれーねと思い、写真を撮って岩とかを見ていたら

「いま写真撮りましたか?」とお祈りしていた人の付き人ガイドみたいな

人に聞かれたので




お祈りの姿は撮ってない事と、遠くに見える久高島を撮った事を

話した。





そしたらさ、お祈り中はここから半径何メートルか忘れたけど

三角の入口あたりまで入っていたら

写真は撮ってはいけないと言う。





ええー!どして?となるわけで

聞いたら、玉が降りてきていて写真に写り込んでしまうの言うわけで、

見たら発狂するから、すぐ消してくださいと言われた。




せっかく、いい景色撮ったのに。




どうして偶然こんなときに来てしまったのだろかと思いつつ

さっきいた人たちも、あたしみたいに言われていたんだと気づき

消そうと思ったものの、



ちょっと怖くて画像見れないじゃんと思い

それからせーふぁーうたきの写真だけ見れずにいた。




結果を話すと、沖縄から戻ってからもそのことが気になっていたので

友人に話したものの、消すという事は結局画像見ないとだよねとなり



その晩は夜で暗いし、そんななか絶対見れないと思い寝たのだけど

写真を消すか消さないか夢にまで出てきて

あ、なんか写ってるって発狂しながら目が覚めたんだわ。





その瞬間、はい消します!!と思い

朝部屋が明るくなったとこで

デジカメ再生して、そのあたりの写真を全部消した。





見たとこ、なにも写ってはなかったものの(じーっとはみてないからか)

やぱり消した。





この事も、書くのよそうと思ったのだけど、

今後同じような場面に遭遇してしまったとき

近くの空間にいたら、写真は撮れないってことを観光する人に

伝えようと思った為、書く事にしたわけです。





なので、しゃがんで手を合わせている方がいた付近には

近づかない、周りの風景写真を撮らないがよしです。





あたしが無事でいられたのも、せーふぁーうたきの前に寄り道して

買った石が守ってくれたのかなと思うと、なんとも

ぞっとしてしまう時間でしたな。





ちなみにオニキスは魔除けの石だしね。


不思議な時間だった。





あやこさW7





最新記事