峠路探訪 @ アプト道

2016年08月20日 12:03



IMG_0651.jpg



トロッコ列車を降りてから、

めがね橋に向けて

アプト道を歩き始めたのだけど、


こみえ以外、他は誰もいない。





トロッコ列車に乗ってきた他の客は

そのまま折り返しのトロッコ列車に

また乗って戻る人が多く

その他の人は、温泉に入る人だけだったー。





皆、散策とかしないのね。





地図を見てたら

トンネルを5つくぐると、めがね橋に着くことが

わかった。





まー、歩いてみて遠かったら

やめてもいいし、


まあ行ってみようくらいな

感じで歩き始めた。ゆるい




まあ、あたしが行きたかっただけだし。






IMG_0652.jpg



少しすると、1号トンネル(187m)

が出てきたー。




だけど、外から見て、怖い!


真っ暗じゃん!




1人だったら、ちょいと躊躇して

手前で足踏みバタバタして、


行くか〜戻るか〜と

あーだこーだ悩んで行くのやめてたくらい

個人的に、入りにくかった1号。




そもそも

廃トンネルなんて、やはり1人じゃ無理。




中に入ると、少し灯りもあったので

よかったのだけど、

全身からゾゾっと感じていた。






心中で、

ここらの工事って

急勾配の難所で鉄道工事が困難だったということは

聞いていた。




トンネル工事中

亡くなった人も多くいた場所だよなと感じたので

心中で通らせてください。と思いながら

妙な感じで歩いた。





トンネルの感じが一番古く感じ

一番湿りっけも多かったし

個人的に、入る前から無理だなと思っていたのは

1号。


初めからこんなって、先が思いやられるな。






IMG_0654.jpg




トンネルを抜けてまた少しすると

2号トンネル(113m)が

見えてきた。






IMG_0656.jpg




基本的に、みな入口は

入りにくい感あるのだけど、



2号は、先ほどの緊張感もなくなってきて

こっから先は全く平気になった。



1号が怖すぎたせいか、

もう麻痺しているのかもだけど。




IMG_0687.jpg




2号トンネルを抜けたら、

アプト道から見て、下の方に碓氷湖が出てきた。




IMG_0657.jpg




坂本ダム。







別に散策するほどでもなさそうだったので

このまま進み始めたけども、


2から3までが長い!!!



そして炎天下で、暑かった。





3号トンネル(78m)へ



IMG_0658_20160820094415e66.jpg




ここに来た時、

先に5号トンネルまで見えていたので、



ここからはめがね橋まであっという間だなーと

思い、気持ち的にラクになった。






IMG_0659_201608200944158f0.jpg



4号トンネル(100m)








IMG_0660_20160820095026a32.jpg



4号の出口付近。









IMG_0661.jpg



5号トンネルは長くて、244mあった。




この辺りに来ると、湖から車を置いて

歩いてきている人たちがいたな。







IMG_0663_2016082009503006c.jpg




到着しましたー。


ここまで40分くらいで、いい散歩といった感じ。




普段から結構歩いている方なので、

バテなかった。





ただ、暑すぎたーーー







IMG_0664.jpg




IMG_0665.jpg



いつも車内でしか見てなかったな〜と思っていて

いつか降りてちゃんと見たいと

思っていた場所。




ジブリの、風立ちぬでも電車内からだったかな、

このめがね橋が一瞬映っていたな。






IMG_0667.jpg



IMG_0671.jpg



明治25年に完成した、このめがね橋。




200万8000個のレンガで造られていて

日本最大の4連アーチ式鉄道橋で

長さは、91m





IMG_0675_201608200956489bf.jpg



高さは31m。





旧道に

めがね橋無料駐車場があるらしく

車やバイクを止めて、下からも登ってこれるみたい。





あたり一面は山に囲まれているのだけど

遠くに、レール発見。





あれは新幹線みたい。




IMG_0674.jpg




きっとさー

撮り鉄の人は、時刻表見て

この辺りに電車が通り時間を計算して

シャッター切るのを待ち構えているのだろうな。








橋の向こう側に続いて6号トンネルがあり

この先は10号トンネルまであって

アプトの道折り返しの、熊ノ平まで行けるみたい。




めがね橋から熊ノ平まで1,2キロで近いけど

もう目的果たしたし、

温泉に入りたかったから、早々とUターンすることに。






IMG_0678_2016082010122594e.jpg






IMG_0679.jpg






IMG_0681.jpg




めがね橋は芸術的で凄かったのだけど

トンネル内は一部レンガが崩れて補修などされてあったけど

今なおレンガの綺麗な状態が、残されていた。





レンガを積んでいくのも大変だし

この天井をアーチにするのも大変だし

大変な苦労の中作業していったのだろうな。





IMG_0684_201608201012281ea.jpg




トンネルがなかったら、

ここまで歩くのも、かなり暑かっただろうし

道を繋げるために、トンネルを掘って作ってくれた

お方に感謝だわー。





IMG_0685_20160820101231f3c.jpg





IMG_0695.jpg




IMG_0693.jpg




そして、

暑い中歩いて汗をかいた後の

温泉は最高なんだよな。




IMG_0696.jpg




そして、前日に柴又に行って買って来た

どら焼き改め、寅焼き食べる。




IMG_1216.jpg



これ、すごく美味しかったー



あたし、人生で食べたどら焼きの中で

(そんなに食べちゃいないけど)



一番美味しかったな。甘さもちょうど良いし。


歩いて、温泉で足を伸ばせて

リフレッシュしたー。



やはり夏でも温泉。


この近くは、碓氷川が流れ

坂本宿という宿場町もあるみたい。





さっきも坂本ダムってのがあったけども



坂本、という文字を見ると

前の上司を思い出すので、


近寄りたくなくなるという

変な心理状態になる。

(決して嫌いとかではない)






※おまけ

トンネルのことが気になり、後でネット調べてみたら、



やはり鉄道工事で

たくさんの方が亡くなっているので

この辺りは、心霊スポットとして出てきた。




↓この方のブログを読んでいたら、

あたしさー、この道をよく往復してきたなと思ったw

http://www.k4.dion.ne.jp/~sinrei/yokokawa.html



下調べしてなくてよかったわー。



これを先に読んでいたら、

一生行っていないねw





ちなみに他のお方の記事には

6号トンネルや

先にある熊ノ平のことなど、書かれていた。




よかった、最後まで行かなくて!


というか、そもそも行く気なかったし。


こんなの読んでしまうと、

自分が撮ってきた写真、じっくり見れない。



そもそも、心霊スポットとしていったわけじゃないし!



まあいてもおかしくない場所とは

思っていたのだけど。




あたしのブログだけ、やはり目線違うな。

ゆるいな。






IMG_0653_20160820122204b20.jpg





心霊体験とか、

ひとり旅の時に経験したことがあったのだけど


でもさ、正直あたしは

生身の生きている人間の方が

よっぽど怖かったりする。


帰りの3号トンネル内にいた時、

後ろの方から足音が聞こえてきたの。




あ、本気で怖い!と思い


絶対後ろ見れないじゃん!と思い



足早でトンネルを抜けてから

まだ足音したから、


もう追い越してくれ〜と立ち止まった。





そしたら、ウォーキングスタイルの女性1人が

結構なハイスペースで追い越して行った。。。




IMG_0690_20160820114912ad9.jpg


(草の間から、レールの跡が見えるね)






暗いトンネル内の足音は

心臓に悪い悪い。




そして、元上司の坂本氏が

社員に怒りくるう姿が、よっぽど怖い怖いと(うるさい?)

感じた散策でした。






あやこさW7



スポンサーサイト

トロッコ電車

2016年08月15日 10:52




週末

普通電車で(東海道線)高崎へ。




IMG_1186.jpg




しかしすごいねー

神奈川県〜群馬県まで一本で行けるんだもんな。




とはいえ、あたしがちびっこの頃は

長野〜上野まで普通電車が走っていたのだよ。



でも1998年に長野冬季オリンピックと共に


新幹線が開通した為、


上野行きの電車はなくなっちゃんだよな。





IMG_1191.jpg




高崎から横川までは電車で30分くらい。


ここで電車はおしまい。




IMG_1193.jpg




廃線になってしまってからは

横川から軽井沢行きのバスが出てるので、

それに乗っていくと、長野県へ行ける。




IMG_1219.jpg




そんなに焦って長野に行くこともないので、

横川で釜めしを食べる。




IMG_1201_20160815104133f38.jpg





横川と言ったら、やはり峠の釜めしなのだよ。




昔、普通電車があった頃は


ホームに売り子が来て、販売してたりしてたな。






IMG_1195_20160815104329faa.jpg





釜飯を食べてから、トロッコ電車へ。





IMG_1202.jpg




自販機まで、電車!











IMG_1265.jpg





峠の湯までの2.6キロのトロッコ。


トロッコ電車に乗るのって、たぶん記憶からして初。






IMG_0635_201608151019480c8.jpg




IMG_0637_20160815101950227.jpg




車内は暑さでむしむししていたのだけど、

風が入ると心地よかったな。




少し走っていくと、すごくレトロな建物が

見えてきたのだわ。





IMG_0641.jpg



IMG_0644.jpg



これ、変電所。



碓氷峠を行き来する列車に電力を供給するために

建てられたみたい。



明治44年に建てられ、機械室棟と蓄電池室棟は

国の重要文化財なのだそう。





IMG_0649.jpg




IMG_0647_20160815103400520.jpg



信越本線が使われなったのだけど、

レールの跡が見られたりして、

名残を感じたな。(右側に見える道)





所要時間20分くらいで

トロッコ駅終点の、天然温泉のある峠の湯へ着いた。




ここで温泉へ入るか〜という楽しみは

後にして、



ここから

ずっと行きたかった(いつも車内でしか見れなかった)

めがね橋まで散策することにしたー。





あやこさW7





冬の白川郷

2014年02月09日 09:17




1月下旬のつづきー




R0024829.jpg



白川郷にきましたよ。



白川郷にはずっと行きたいと思っていたものの、

行くなら絶対的に冬しか

考えていなくてさ。





R0024848.jpg




R0024793.jpg




R0024783.jpg





夏の田園風景に行く人も多いのだけど、

合掌造りは雪と観たいと思っていたわけ。



だから絶対冬。





R0024797.jpg



R0024823.jpg



R0024824.jpg




白川郷は、合掌造りの集落でかやぶきの屋根が特徴的だよな。





この地域は豪雪地帯である事から

雪下ろしの作業を軽減させるため、そして多雨地域でもあるため水はけをよくするために

この傾斜になっているらしい。






R0024801.jpg



和田家内より。






R0024810_2014020908485434a.jpg




R0024803.jpg


和田家からの景色。







この地域(白川郷・五箇山の合掌造り集落)は、

ユネスコの世界遺産にも登録されておるのだよ。




とても絶景だったな。





R0024781.jpg







土産物屋や酒屋もずらり並んでいた。





R0024855.jpg




R0024839.jpg




R0024842.jpg




R0024843.jpg





酒屋で、昨日飲んだ白真弓が美味しかったから、購入☆





ほんとは瓶で買いたいとこだけど、持って帰るのが重くてやだなと思い

おっさんてきにワンカップw





IMG_1221.jpg





グラス部分が飛騨高山の絵だし、思い出になる。




うん こりゃコップにも使えるねと思い

白真弓と鳳来を。



週末あたり鍋でもした時に、呑みたいものだよ。たのしみー







R0024856.jpg






毎度の事なのだけど、楽しみにしてると雨か雪。



かわいい雪ならともかく、今回も雪が凄すぎて写真を撮るのがキツかった。


目を開けるのも大変だった。







そして毎回、「こんなに降らせなくていいのに」と言われる。


え、あたしのせい?



あんたとくると、いつも雨は降るし台風はついてくるしこんなに雪は降るしと。






そうだよ、

もうあたしは、妖怪の生まれ変わりなのだなと

思う事にした。(雨女雪女)




とか思いつつ、

こみえも学生時代は楽しみごと全部雨だったのと

言っていたこと思い出したけど!


ちょっと、そーゆそちらも雨女気質もってんじゃんね。倍増ぱたーん。






なので、展望台も視界不良で今回行けなかったので

今度は全体的に観てみたいや。




ちなみに1月下旬〜2月のいつまでだったかの週末は、

夜ライトアップがやっておるよ。





R0024833_20140209085256c16.jpg







あやこさW7




建造物と版画喫茶

2014年02月06日 15:06


高山に来たら、建造物保存地区へぶらりも

おすすめってことで、路地へ。



R0024752.jpg



酒蔵も多くて、ついつい入ってしまう。





R0024750.jpg



R0024746.jpg



R0024747.jpg



試飲出来たけど、まだ午前中だしよしておいたよ。

さけ〜





R0024743.jpg



R0024764.jpg



R0024766.jpg



R0024761.jpg



昔の建築物は、やはり心惹かれます。

とってもすきだなー。



このあと白川郷へ行くのに、バスの時間まであと30分のとこで

こみえが「珈琲が飲みたい」と言い出したので、喫茶店へ。




版画喫茶。「ばれん」


R0024757.jpg




朝に珈琲を飲まないと、一日が始まらないタイプの母。


あたしはそこまでこだわりないタイプ。



こういう時、別行動したくなるのだけど1人ではいいよと言うし

かといって飲みたいとか言うし。



個人的にはもう少し歩き回って写真撮りたかったのだけど、

珈琲に付き合う事にした。





R0024753.jpg



R0024755.jpg



すごくおしゃれな内装で、店内には版画がいろいろ飾られていた。




喫茶店すきだけど、ゆっくり出来ないときの喫茶店はむしろやなのです。

珈琲5分で飲みました。



10分足らずで店でました。

版画もゆっくり見たかったのになあ。




ああー、入るならゆっくりしたいとこだけど

時間もないし諦め。



この街はもう一回ひとりで来ようかと思いますぜ。





あやこさW7









宮川朝市へ

2014年02月04日 14:48




R0024725.jpg



宮川朝市にきましたよ!





R0024722.jpg




R0024706.jpg




R0024717.jpg


三大朝市といえば、輪島、高山、勝浦で、

そのうちの一つがこの飛騨高山の宮川朝市。




宮川沿いに、店を出す地元のおばちゃん達。


冬は、おこたに入りながら売っていたりもする。





R0024707.jpg




お餅屋のおばちゃん。


醤油もちを食べたのだけど、美味しくって買って帰ろうか迷った。



もともと豆餅がべらぼうに好物で、そっちがすきなのだけど

醤油もちも美味しかった!
(餅自体に醤油味がついてる!)



それで豆餅がさ〜、なんと250円という安さで売っていたから

買おうかと思っていたのだけど、

結局どちらも買わなかったな。まめもち〜







R0024715.jpg



漬物屋のおばちゃん。




自分の畑で採れた野菜を使って漬け物にしたんだって。



1つ250円と書いておきながら

3つで500円でいいよ〜という これまた他のとこより一番安かった。






R0024719.jpg



ちなみに、あたしはここで

手前の花とうもろこしを買ったよ。




ほんで他の店で、とうがらしも買った。



うちにもとうがらしあるのだけど、買ったやつねすっごいかわいいの!!


稲穂付きで編んであるの。魔除け。






IMG_1264.jpg


ヒトメ惚れした。








R0024703.jpg




飛騨高山って、小京都と呼ばれているらしくって

この宮川沿いを歩いていたら、なんとなく三条四条あたりを

ふと思い出した。






R0024733.jpg



この団子屋さん、昔からあるみたい。



こみえが、ここの団子で買って食べたのよ〜と

またもや思い出していた。




女子はみたらし団子とか見ると「食べたい〜♡」と言っている

団子好きなコが多いのだけども、



あたしはさ、みたらしは全く興味なく

これもどっちでもいいやと思っていたのだけど、



これはあれとは違うから!と言われ

食べたら、これは美味しい!




小さい団子に、醤油をつけて焼いた餅。



甘くないから、これ何個でもぱくぱくいけるじゃん。これはすき。

ほんとだ、みたらしとは別もん。





R0024734.jpg




R0024736.jpg





R0024738.jpg




R0024737.jpg




R0024739.jpg




個人的に、結構すきな街並。そして食べ歩き。


飽きないんだよねこーゆ街。





あやこさW7








最新記事