FC2ブログ

鬼が住んでいた島 @ 女木島

2018年08月14日 11:17





IMG_4509.jpg 





鬼ヶ島って、瀬戸内海の島だったのか。


と、女木島へ行こうと調べている時に、知った。(遅い)








そしてこの大雨で、鬼ヶ島の洞窟へは行けないよと


高松で聞いていたものの、



島自体に興味があったので


男木島でゆっくりした後、翌日は女木島へ寄った。








IMG_4573.jpg 





港では、擬似のかもめが並んでお出迎え。





女木島のアート作品の一つみたい。(*カモメの駐車場)



風が吹くとかもめも方向を変えて、カラカラと動く。








IMG_4293.jpg 






一緒に混ざってホンモノのかもめがいたら


可愛いなと思ったのだけど


いない。









IMG_4284_201808140935053b5.jpg 






洞窟までバスも走っているのだけど、本日はおやすみ〜。


サビサビでレトロ感、たまらない。







この日は、食堂さえもやっておらず、売店もやっていない。




豊島、男木島では手ぬぐいを買ったので、


女木島でも買いたかったのにな。(手ぬぐいらぶ)







ちなみにいうと


アートの屋内展示場所も、ほとんど閉まっていたー。








IMG_4285.jpg 







IMG_4288.jpg





こんな日に、来る人なんていないと思われているのか。






女木島のメインと言ったら

鬼ヶ島洞窟やアートなのに、どこも行けないじゃん。




入れ違いで、船へ乗って行った観光客たちはいたものの、

あたしが上陸した時は、観光客もいなくなってしまった。






それにしても、瀬戸内海の島を巡っていると

日本人よりアジア系の団体客をよく見た。


瀬戸内海の島のツアーとかあるのね。







なので、観光スポットへ行かない


フツーの島内散歩。





IMG_4512.jpg 




歩いていると、可愛い鬼が案内していた。






2.4kmくらいなら、歩いても行って来れる距離なのだけど


そもそも道路がまたこのパターンだった。







IMG_4290_20180814094803aee.jpg 





雨があまり降らない瀬戸内海の島なのに、


あたしが来ると、毎回雨だな。あーいつもそう。



普通の雨ならいいけど、今回は長雨すぎたからな。







IMG_4291_2018081409480453b.jpg 







IMG_4292.jpg 





女木島に来て 個人的に感じたのは

男木島とは雰囲気が全く違って、

離島ぽい閉鎖感をちょっと感じた。




久しぶりな感覚。




そして女木島は畑がたくさんあり野菜をたくさん栽培していた。





男木島は、イノシシに食べられてしまうから畑はやらなくなったと

聞いたのだけど、

女木島はそこまで被害がないのかな?



それともイノシシ対策すごいとかなんかね。






猫も、男木島とは違って

シャイで、自分からは寄ってこないけど逃げはしない。




かなり控えめな印象(何目線?)





IMG_4566_20180814100114fdc.jpg 






IMG_4563.jpg 





あと、雨上がりのせいだったからなのか


昆虫類や蛇、トカゲをよく見た気する。





というのも、草むらや畑の小道を歩いてたからだと思うけども。





男木島の街のような明るい雰囲気の島の方が、珍しいのかも。






IMG_4278.jpg 




IMG_4282.jpg 




雨も上がり、まさかの晴れ間も見えてきた。










IMG_4279.jpg 






この高い石垣は、オーテと言われるもので、


島へ流れる雨風など


海沿いの家を守る役割をしている大事なもの。









IMG_4564.jpg 




水たまりとかすごいけど

晴れてきたしレンタサイクルでも借りよかと思ったのだけど

人もいない! どこなの?


到着した時、いたよね? 休憩行っちゃったの?




こんな日にレンタサイクルする人なんていないと思われているのか。






山の方へは通行止めだし、結局ぐるっと近場をゆっくり廻っても


1時間半もかからないくらい。






アートを全部見たり


洞窟や展望台へいったとしても半日もかからなそうな島。





IMG_4303.jpg 




IMG_4302.jpg 





イースター島と同じ材料で作っているというモアイ像。









IMG_4274_20180814101421f46.jpg 




女木島は、男木島同様 香川県高松市にある瀬戸内海の島。




男木島より高松市に近く、市内からフェリーでも20分くらい。


島の周囲でいうと8.9㌖。島の人口は約170人ほど。





島名の由来は2通りあるらしく



男木島を男に見立て、女木島は「メ」は女に見立て

「ギ」は木の多い島で防御地を意味する城島なのだという説。





もう一つは、平安時代末の武将 那須与一が

射落した扇の一部がここに流れ着いたことから

ここの方言で壊れることを「めげる」という言葉から

「メギ」になった説。




なんとも気になる。






次のフェリーに乗ろうと、まだ30分くらい時間があったので


フェリーの切符販売所で働いている


島のママさん的な人とクーラーで涼みながらおしゃべりした。






素敵なお人柄で、この時間はなんだか癒された。







IMG_4569_20180814100921ab4.jpg 









この後フェリーで高松市内へ入り、豊島で出会ったお姉さんに


勧められた 北浜alleyへ行ってみた。







IMG_4304.jpg 





向かう途中に見つけた看板。


四国と本州を結ぶには、やはりフェリーなのだな。







駅方面から、20分くらい歩いたのだろか。





蒸し暑いこの時期には、汗だくになる距離だったのだけど、


到着。







IMG_4305.jpg 







IMG_4306.jpg







IMG_4307_201808141038208d7.jpg






港の倉庫や空家なんかを改造してショップやレストランに

生まれ変わった場所。





小さいエリアだったのだけど、洒落てた。







IMG_4308_20180814103822ddc.jpg 





ちなみにこの店「UDON」と書いてあったので


うどん屋かと思って入ったのだけど、雑貨屋だった。



ちなみに、東京の五反田に「うどん」という店があるのだけど

カレー屋なんだよ。




ややこしい〜 と友人とゲラゲラ笑ってたのを

ふと思い出した。






IMG_4313.jpg 






なんとなく小腹もすいてきたので、(気づけば昼)

ガツガツ食べたかったのだけど、



カフェ系が多いので、気取って

気になったキッシュ専門店へ。







何種類もいろんなキッシュがあり迷ったのだけど、


夏野菜メインのやつにした。






IMG_4309.jpg 





とっても美味しかったのだけど、たりん。


ダイエット中のOLのランチか。








IMG_4312_20180814104323b65.jpg 





店内も古民家のような内装に、ナチュラルな家具。



窓から見える木々の緑が気持ち良かったな。








IMG_4314.jpg





 IMG_4315.jpg 






それにしても、この日は日曜日だったのだけど、


あまり人がいないのね。どこもガランとしていた。







IMG_4316_20180814105131d38.jpg 






こんな日は、誰も出歩かない なんて思われているのか。(感じた3度目)



来年は芸術祭の年なので、また島巡りリベンジしたいー。







あやこさW7





スポンサーサイト

島さんぽ @ 男木島

2018年08月05日 11:22






IMG_4145.jpg 






男木島の猫ちゃんに出迎えられた後、


今日お世話になるとこへバックパックを置いてから


ぶらり島散策開始。









IMG_4147.jpg 





「今日は雨だけど、向こうで昼からBBQやっていて、昼からビールも飲めるよ〜」と


おかみさんが教えてくれた。




遠くから見たら、漁師らしき男たちばかりではないか 





入って行っていいのかい?






お腹すいたし行きたい気持ち半分、


やはり遠慮しようと思い、定食屋でガツガツ食べたくなり


港周辺のお店を探してみる。







食堂を2件ほど見つけたのだけど、この大荒れ天気のせいなのか


休業!





旅中に食料難民にならぬよう、

毎回ちっちゃいバッグにsoyjoyとかウィダーなんかの軽い食べ物は

入れていたので、それらをかじる。






時間もあるし

歩いて灯台まで行ってみよう〜と思い歩き始める。










IMG_4148.jpg 






男木島で行きたかった場所のうちの1つ。












IMG_4149.jpg 




灯台が君を待っているよ let'go!灯台




なんと素敵な看板なんだー 




よし歩こう!と、ちょい気合が入り


蛇が出てきそうな くねくね道を登った。







IMG_4150.jpg 








IMG_4153.jpg 





なのに








IMG_4151_2018080510030425b.jpg 








IMG_4152_20180805100305074.jpg





let'go 虚しく。







Uターンして、


集落の内側の方へ行ったら何かあるんかなーと思い


歩いてみた。








IMG_4156_201808051003085fc.jpg 








IMG_4154.jpg









IMG_4160_20180805100653deb.jpg 








IMG_4158_201808051006528ce.jpg





ぶらついていたら、現代アートの作品が展示してあったのだけど


いや、アート見る前にやっぱなんか食べたいなと思い始めた。





後で見ようか、どーしよかなと思ったら


雨よけて木のテーブルとベンチのとこに、


おにぎりをむしゃむしゃ食べていた女子がいたので(小エビ隊の子なのかな)






この辺りに、食べれるとこがあるか聞いてみたら


近くにパン屋があるのと、


遠いけどフレンチの店が今日予約入っているって

言っていたから開いているはずと教えてもらい、



また後で観にくるよ〜と言って、近いパン屋へ行くことにした。








IMG_4159.jpg 





IMG_4161_2018080510065587e.jpg






朝もパン、昼もパン。






ガツガツしたもんを欲していたのだけど


こんな日だもんな、店が開いていただけよかったと思いお店へ。










IMG_4167_2018080510065700d.jpg 





木のナチュラルな雰囲気が島に合っているパン屋さん。










IMG_4163_20180805100914d4b.jpg 







IMG_4164.jpg






今日は種類少なくて〜と言われたものの


気にせず、トーストとアイスコーヒーにした。








IMG_4166.jpg 





想像していたトーストとは違い



パンに、味噌!!?と


一瞬思って声に出してしまったのだけど


これ味噌じゃない。





「今日は、初めてのお客さんだから、サービスで自家製のピーナッツバターを」


と、おまけしてくれた店主。嬉しー






あたしは、パンを食べる時、


体に悪いと言われるマーガリンや(トランス脂肪酸があまり入っていないやつ)


オリーブオイルをつけて食べることが多く、



そもそもピーナッツバターを好んでつけたことはないくらいなのだけど
(むしろ苦手意識)



ここの自家製のやつは、本当に美味しくって、


これだけ売ってないかなあーと思ったくらい、


ここにいる時間は、ピーナッツバターに夢中になった。









IMG_4165_20180805100917cfe.jpg 




眺めがよくって、ぼっとできる。











IMG_4169.jpg 






腹が少し満たされたとこで、アートを見る前に


神社へお詣りに行くことにした。









IMG_4175.jpg 






IMG_4176.jpg






IMG_4177_20180805101209df7.jpg







豊玉姫神社。


神武天皇のおばあちゃんにあたる豊玉姫命を祀っている神社らしい。





子孫繁栄や安産、縁結びの神様としての神社みたい。






IMG_4178_201808051012106fe.jpg 






階段をずんずん上がってきたので、高い場所にあるのだけど


今日はこんな景色。










IMG_4180.jpg 



いい眺め。








IMG_4181.jpg 





晴れていたら、もっと綺麗なんだろなーと思いつつ


現代アート巡りを始めた。









IMG_4185.jpg 





各アート作品の展示の場所には、説明をしてくれるスタッフがいて


いろいろ解説してもらいながら、ゆっくり作品を観た。




こんな日に観光してる人は、いない...。








これ観ておいたらいいよ〜って作品はあるか聞いてみたら、



アキノリウムを勧められたので、そこへ行ってみた。






IMG_4187.jpg 






竹を使った作品で、風を使って音を奏でていたりと


とっても気持ちがいい空間だった。








IMG_4190.jpg 




2階の座布団に座って、しばし1人で癒された。






竹の音色ってこんなに心地よいものなのか〜と思ったり


作り方や竹にもよるのだろうけど、音も違うし


いろんなリズムを刻んでいた。





聴いていたら脳内にしっかりこの音が


こびりついてしまい、


ここから出た後もずっと脳内で竹が流れていた。







心地よい反面、急に不気味さを感じたりもして、不思議な空間だった。






IMG_4188.jpg 






気づけば散策を始めてから3時間くらい経っていた。




一旦、家へ戻り、

おかみさんと少し話してから

男木島で絶対行きたかった図書館へ。





場所を教えてもらおうと思ったのだけど、


家のおじちゃんが図書館の場所まで

連れて行ってくれた。









IMG_4192.jpg 






IMG_4193.jpg




外観から素敵な、島の図書館。





男木島を観光するときに、どこへ行こうか考えているときに、


灯台と図書館は絶対いこうと思っていたから


図書館はやっていてよかった。








素敵な図書館で、島の本もあれば、いろいろなジャンルの本もあって


雨音を聞きながらの読書は最高だった。






ここではコーヒーなどの軽食もできるらしい。





図書館の管理をしている女性とたまに会話をしたり


やはりこんなに雨が降り続けるのは珍しいと言っていた。







ザー という音より、 ゴー という音に近い。



そのくらい激しい雨。






IMG_4194_2018080510321570b.jpg 





閉館する20分前くらいに図書館を出て、


港の反対側を歩けるとこまで


ぶらりしたのだけど、もうね、雨風すごすぎ。







歩くのきつい。





IMG_4198_20180805103442071.jpg 




港の玄関。(前回の日記でライトアップしてたとこ)







IMG_4203_20180805103444683.jpg 




どんどん天気は悪くなるばかりー。これ夕方。









IMG_4205.jpg 





井戸を見つけた。





神井戸といい、山幸彦と豊玉姫が出会った場所とのことで


先ほどお詣りしてた豊玉姫神社で結婚したらしい。





なんとロマンチック伝説。







IMG_4208.jpg 





IMG_4209.jpg 




ノアの方舟をヒントにしたと言われる


歩く方舟という作品。








IMG_4216_20180805104155ad3.jpg 







きのこみたいなやつに足生えてんじゃん、キモいと思いつつも


こゆの案外好きだな。




これを見たとき、小倉の橋で観た、頭ペンネの靴下を思い出した....



* 疑惑の頭ペンネ靴下 → http://yaako3.blog99.fc2.com/blog-entry-1257.html











IMG_4212_20180805104155551.jpg 




もう水溜まりが沢山。






絶対これは濡れないであろうと履いてきた、

水に強いゴアテックスではないけど

それに近いハイキングシューズも


2日目にして中まで濡れてしまっていた。







IMG_4219_20180805104159b82.jpg 






IMG_4218.jpg






小学校の校舎もアート作品になっているのだな。洒落てるな。




そんな感じで、通行止めされた奥の半分は行けなかったのだけど


その他はざっと周り、家へ帰宅〜。








この長雨で漁へ出れず、自慢のお魚を出したかったのだけど


それがなくて本当に申し訳ないと言っていた。





IMG_4225.jpg 




IMG_4226.jpg 





でも、ご飯沢山あって、満足。





タコ飯とか有名だよね、確かに鮮魚食べたかったのだけど


また遊びにきなさいということなのだろな。




灯台も、洞窟も行けなかったし。







気づいたらだらだら1時間半くらい話しながらいてしまった。






IMG_4231.jpg 





この後、前回書いた猫とライトアップを一緒に観に行き


1日大満足してぐーすか眠りに落ちた。






IMG_4244.jpg 






* パンの他にグラノーラもあり。ピーナッツバターを思い出すパン屋 ダモンテ商会

* 竹の音に吸い込まれる アキノリウム

* のんびり読書してリフレッシュ 男木島図書館






あやこさW7








猫とライトアップを @ 男木島

2018年08月04日 18:13





7月7日。








IMG_4170.jpg 




「今日は七夕だけど、織姫と彦星の関係ってなんだと思う?」


「はい1、夫婦 2、恋人 3、いとこ どれでしょうか?」



と、この日民泊した家のおかあさんが、聞いてきた。




この家のお父さんは、「夫婦だな」と


あたしは「恋人かねえ」と言ったのだけど、


正解は「夫婦」らしい。





織姫と彦星は仲が良くて働きもせず毎日遊んでいたのを

みた神様が

こりゃいかんと思い、離すことにしたのだけど、


どうしても会いたいのならば毎日働きなさい。



そうしたら365日のうち1日だけ会わせることにすると

いうおきまりを作ったのだそう。


(*お母さん曰く神様は織姫のお父さんらしい)




ちなみにこの日は、大雨でね。



どっちかが働きをサボったり怠けたから


今年は大雨が降って会えなかったんだねえ。と



夕暮れ時に、外は相変わらずザーザーだったけども、


ビール片手に、なんだかほっこりな会話。







そう2日目は、昼から男木島へ行ってのんびり過ごすことにした。






IMG_4157_2018080417264674f.jpg 




この日、観光客ぽい人に会ったのは、日本人と欧米人カップルのみ。




島の人との交流や島内のアートなど観たりゆっくりできたのだけど、


まずここにきて、ほっこりしたのが猫ちゃんたち。







そもそも猫の島だなんて知らずにきたのだから、こんなに島の猫が


有名とは知らずだったな。







IMG_4496.jpg 






IMG_4495.jpg 





野良で茶色の子がいるなんて。


都内のうちの近所の野良猫は、黒いのしかみたことがなかったからさー。


新鮮。







IMG_4574.jpg 
  




よく見ると、奥にも2匹いるんだよ。




その子たちをみていたら、







IMG_4497.jpg 



あれ








IMG_4498.jpg




あれ、まさかの。











IMG_4499.jpg 




出迎えにきてくれたのーー



なんと可愛い猫ちゃんたちなのだろか。泣きそう、らぶ










IMG_4501.jpg 




特に、あたしこの子が好みだったな。



そして、もう1匹仲良しになった茶猫がいる。







IMG_4258_201808041736182c7.jpg 





この子。名無し。




最近このお宅にくるようになった猫ちゃんらしい。


とにかく懐っこく、ここまで仲良くなった猫はいないくらい。





この夜、お母さんが港の入り口にある交流館(アート)が


ライトアップしていて綺麗だよと教えてもらったので



大雨だったけども、せっかく来たしご飯を食べた後に、


行くことにした。







お外に出たら、タイミング良くその茶猫ちゃんが来て、


「一緒に行くかい?」と言ったら、本当についてきた。






IMG_4230.jpg 





こんな日だし、誰もいない。笑


傘持ちつつ、立ってみたりしゃがんでみたり。





男木島の魂 というアート。





この白い屋根の部分には各国いろんな言語が書かれているみたい。


水面に映る文字の感じもいろいろ計算して作られているんだよと

教えてもらった。




設計費が何億?だったっけ。(忘れた)








IMG_4237_20180804173615fb9.jpg 






IMG_4243.jpg 




ふと反対側には、違う猫ちゃんも来た。




こっちに来たがっていたのだけど、茶猫がまさかの威嚇。

仲良くはできないらしい。





島の雰囲気も心地よくて好きだけど、



猫ちゃんがまた一層この島の


雰囲気をよくしているんだなと思った。




男木島あるきに続く





あやこさW7







豪雨と旅 @ 大阪〜小豆島

2018年07月16日 18:35





IMG_4171_20180716162932883.jpg 



あたしのブログを読んでいるお方は

またかよと思うかもだけども、

あたしが旅へいく=雨。



今回、大雨の影響で災害になった主に西日本の地域。



まだ復興せず、問題も様々あるから、早く良くなってほしいと

願う今日この頃。




雨があけた後もこの猛暑だし

ボランティアのお方までも熱中症になってしまったりと、

ほんとに、今年の夏はおかしいくらい暑い。




とても大変な思いをしているお方も大勢いると思い、

瀬戸内海の旅のブログを書きたいのだけど

まだ書きにくい思いがあり。




というのも、ちょうどその大雨の頃、

ドンピシャに西日本を旅していたあたし。




また雨か。東京はちっともだったのにな。




IMG_4212_20180716162931765.jpg 






台風と旅、雨と旅、は毎度 お決まりなのだけど、


今回は雨の影響だけでここまで被害が出たことに驚いたし



旅人のあたしは、順調に旅をしたわけではなく、


特に1日目は予想外の出来事がたくさんだった。






もちろんこの後、行きたいと思っていた場所へはいけなかったり


大雨で店すらやっていない!ってことが多々あったのだけど、



瀬戸内海の島のあったかい人や猫にも

会えたし、



島人にもこんな大雨の中

きてくれてありがとうと言ってもらえたので

少しずつ書こうかなと思い始めたよ。






前置きこのくらいに、まず1日目。







そもそもこの日は友人たちと4人で大阪で集合し


岡本太郎の太陽の塔の内部展示を

観に行く予定だったのだけど、



2人行けなくなり

この集まりはなくなったの。



ところが、


あたしは、大阪までの飛行機のチケットを買ってしまっていたので、

キャンセル料もったいないし、

1人で二泊三日で旅をしようと決めた。





久々の京都や大阪にいるでも良かったのだけど、

ここまできたら、大好きな瀬戸内海の島たちを巡ろう!と思い



今年1月の犬島以来の島旅をしようと


1ヶ月前くらいに

一番行きたい男木島と豊島に泊まろうと民泊を手配し、

あとは女木島に行こうと思っていた。





1日目の予定では、am7:30に大阪伊丹に着いて

その後の移動まで2hあるので



その間に大阪で朝ごはんを食べてから

フットバスで高松まで移動し四国入り。



豊島の便が午後は18時代しかないので

それまで昼から女木島を半日観光して最終便で豊島へ泊まる予定。



↓ でも実際は




am6:30に羽田を経ち、大雨の影響でドリンクサービスもなし(泣)


少し遅れてam7:50頃伊丹に着いたのだけど、

スマホを見たら、あら着信履歴あり。



こんな朝早くにだあれ?と疑問に思ったのと同時に、やな予感がした。



かけ直すと、予約していたフットバスの営業所らしい。


「今日の便は大雨の影響で全てキャンセルになりました」とのこと。




ええー


詳しく聞いていると、まず高速道路が通行止め。

瀬戸大橋が封鎖。四国へ渡れない....





へ、そんな事あるのね?



お金は返金されるけど、うーんここからどうやって

1日めの最終地点、豊島まで行こうか問題に突入。




この時点で、1日目の女木島観光は諦めた。




寝ぼけ頭をフル回転した結果

伊丹から岡山まで高速バスで行って船に乗るかと思ったのだけど


バス乗り場へ行ったら

あ、ダメ。そこまでもいかない。一番遠くまで行けても明石。






ちなみに電車も動いていませんて。なにい





1分くらい軽いパニックになったのだけど、いやいや落ち着けと

自分自身に心の中で言って



冷静になって考えていたら

あ、そういや四国へ行くのは、3通りくらいあって



その2つがダメなら

神戸からフェリーで小豆島経由で豊島のルートがあるかもと思い

調べてみた。





船が順調に動いていたら行けるかもしれないねと確信。

ダメでも小豆島までは行けるしな。(ジャンボフェリーに問い合わせたw)




バス乗り場で、三宮行きを見つけ、あと10分後に出る。




これだ!と

乗る前にささっとコンビニで朝食を買いバスに乗車。





IMG_4080.jpg 




コンビニ朝食か〜。




あーあ、梅田のいい感じの喫茶店で

モーニングしてた予定だったのになあ。

と思いながら、外に目にやるとすごい雨。





前日から降り始めたらしいのだけど、

思っている以上にすごい降りっぷり。




ちなみに大阪伊丹から神戸三宮まで、通常50分くらいらしいのだけど

70.80分かかった。




まあ、特に先を急ぐ訳もなく、

小豆島へ行くジャンボフェリーの便が早くて13時しかないので

三宮に着いてから、2時間半〜くらい空き。




三宮にきたら異人館とか

観光スポットに行って来れるじゃんと

普段は思う方なのだけど、三宮もこれがすごい雨なわけよ。



動いて濡れてよりは、ちょいと今後の作戦会議必要かねと思いつつも

お腹も空いていないし、

ランチには早いし、フェリー乗るまで動きたくない気分。


とはいえ、待ちぼうけも飽きちゃう。



そんな時に、ふと見つけた文字。


その文字を見た後、腕時計を見る。


時計を見たら今10:00。


あ、タイミング合えば行けるかもと

思い、その文字の場所へ。



フェリー行きのバスが12:30前だから、2時間ちょいまでの作品なら


映画見れるじゃんと思い、そうまさかの、映画館へ。笑





10:00〜上映していたのが、「デッドプール2



何の映画これ?と思ったのだけど、

これしかなかったので、いいや 


つまんなかったら 途中で出よと思い、館内へ。



あたし含め、4人て。平日の午前中だからかね。






いや〜まさか、旅中に映画館へ行くとはな〜と思いつつ見始めたら


普段絶対見ないジャンルだったのだけど、


あれ案外面白くて、しかも泣ける場面とかもあり、


不思議だったのだけど、観ていてちっとも飽きなかった。




とってもいい時間だった。


こういう出来事って、案外後に残る。





こういう予期せぬことがあっても


何か楽しめることを見つける。のんきな性格というかなんというか。






IMG_4082.jpg 





三宮バスターミナルに戻ってきたら、

やはり四国までバスで行こうとしていた人たちが、行けず



ジャンボフェリーで四国の高松まで変更する人が多かったみたいで

フェリー行きのバスは、超満員だった。





++++++ 参考 +++++++









IMG_4088.jpg 





小豆島も行く予定なかったのに、映画も観る予定なかったのに

なんだかおかしな1日だ。




最終的に豊島まで行けなかったら小豆島滞在でもいいかという気にまで

なってきた。






小豆島は広いから、ここだけで二泊三日くらいはほしいなーと思ったので、


やっぱ行けるとこまで行きたいや。





今回は、本当に移動手段の為の通過点に過ぎない。


Nのために」も好きなのに、小豆島はいつかじっくりだな。






フェリーの出航が30分も遅れ、(ちょっと乗り継ぎやばくなるじゃん!)


ヒヤヒヤしながら乗船。






IMG_4083.jpg 





なかなかと立派な船。


昭和的なホテルのような内装なのだけど、なんだかしっくりくる感。








IMG_4084_20180716165700dca.jpg 



やっぱここならではなのかな、うどんコーナーがあるな。





すごく並んでいたので、後で食べに来ようと思い

1時間ほど寝た。




小豆島着が16:30頃だとアナウンスがあった。





最終的には、豊島の家浦港に行きたいので、

小豆島に着いたらまず坂手港から土庄港までいかなくてはならない。
(端から端みたいなもん)




土庄港から目的地の家浦港までは、1日往復8便もあるらしい。





本当は18時台のに乗りたいなーと思ったのだけど16:30着前後なら

微妙なので、



最終便の19時台のに乗れるなと確信し、

やっとこホッとして、船内のうどんを食べに行った。





15時のおやつ。というか昼ごはんか。





IMG_4090.jpg 






オリーブうどんした。




美味しいーーー。特に汁が美味しいな。

仕上げにオリーブオイルをかけていた。オリーブも2つもある。るん





土産物コーナーで、お菓子を買い

女性専用部屋に本棚があり、個人的にも本は2冊持ってきたのだけど

ここにあった少女漫画たちを読みたくなった。





IMG_4091.jpg 




IMG_4093.jpg 





ポテチ食べつつ、謎の漫画!!!


観光はできなかったのだけど、最高な時間ではないか〜。





しかしよ〜、この漫画読み始めたらちょっと影のある暗い部分があって

1巻でやめた。(ここには3巻まであったけど)




そのあとは音楽聴いたり、いつもチョイスしない村上春樹の本を

持ってきたので、

それを読んでいたら時間も経ち小豆島へ着いた。







IMG_4108.jpg 







IMG_4102.jpg 







IMG_4099.jpg 



坂手港バス停。


あたしもここから土庄港まで乗ることに。バスの時間に間に合って良かった。

(ちなみにこの次のバスまでがフェリーに間に合うやつ。)






IMG_4101_201807161724401ee.jpg 




この周辺で時間を潰すよりは、


早めに土庄港に着いてフェリーくるまで

周辺ぶらつこうと思い早めにバスに乗った。




島内に設置してあるスピーカーから大雨の警報が聞こえた。


明日のなんかの催し物も中止だと、アナウンスしていた。




今日は、テレビやネットも対して見ていないし、



今、気象予報どうなっているんだろう

と思いながら、バスに揺られていた。






IMG_4106_20180716173245229.jpg 






IMG_4107_201807161732485a7.jpg




案外バス代安くてびっくり。ありがたや〜




そんなこんなで、やっとこ豊島まで行ける土庄港まできたのだけど


周辺誰もいない。





お店もしまっている....。






IMG_4109_20180716173248f95.jpg 



土産〜 見たい。








IMG_4110.jpg 





サイクリング、したい〜


ま、大雨だからしないけど。





唯一、コンビニがあってコンビニには人がいた。




40分くらい時間あったのかなー、もう諦めて誰もいない待合室で


休憩か。(ずっと休憩みたいな日)







IMG_4111_20180716174103a3c.jpg 






IMG_4113_20180716173251d6e.jpg 





なんだかずっと頭痛がして、ロキソニンも効かぬほど痛い。



なんなのだろか、頭痛なんて最近あまりなかったのに。


でも、甘いコーヒー飲んで、ちょいと安らいだ感。







IMG_4112_201807161741029ed.jpg 





もう一つフェリー乗り場があるのだけど、


そっちはテレビもあったし、人も4.5人いたな。



直島や高松にも行けるみたい。







IMG_4114.jpg 





ここから家浦港までは25分くらいで、とっても近い島なのだけど


高速船だからかちょい高い気がした。







IMG_4116.jpg 







今日はノー観光で、移動だけで丸一日かかった日だった。



豊島到着は、pm20:00でした。





でも着いただけ、奇跡だわ。良かった。


大雨やまない。豊島の旅へ続く。






あやこさW7







最新記事