金魚と涼を求めて

2017年08月11日 21:44




先週末、友人と涼を求めに


いつも行かない日本橋へ。







アートアクアリウムで、涼む。






金魚を見ていると、涼しくなるというか


そもそも魚を見ていると、涼しい気分になる。






そして、モーレツにお腹が減る。





IMG_3153.jpg







IMG_3224.jpg






IMG_3187.jpg





IMG_3167.jpg





IMG_3228.jpg





金魚を食べたいわけではない。






なんでかね。





水族館へ行くと、お腹が減るし


でも動物園では、特にお腹は減らない。普通






この展示されてる金魚は、何種類いたのか分からないのだけど


世には、99種類の金魚がいるらしい。







水族館みたいに、一つ一つ解説(名前)知りたいと思った。







IMG_3162.jpg




IMG_3165.jpg




IMG_3171.jpg




IMG_3181.jpg





水槽なんかも凝っていて、江戸切子や


金魚の絵柄が描いてある鉢なんかもあって、粋だったー。







IMG_3223.jpg





IMG_3213.jpg





IMG_3186.jpg





IMG_3164.jpg





IMG_3152.jpg





ちびっ子時代に、金魚をもらって育てていたことがあったのだけど


たいして誰も世話をせず、


冬、水面が凍りついてた時も、生きていた金魚。




気づいたら大きくなっていったのだけど、


1匹、お腹が茶色くなってあの世へいった金魚がいた。







今頃、原因がわかったのだけど


どうやらあれ、ストレスだったらしい。






もっと可愛がるべきだったのかと


今更ながら反省。







IMG_3219.jpg





IMG_3220.jpg





IMG_3210.jpg





IMG_3208.jpg





IMG_3169.jpg







この後、北海道のお店で


生牡蠣を食べた(魚ではない)






IMG_3218.jpg











あやこさW7








スポンサーサイト

違和感と

2017年07月09日 09:58





IMGP6598.jpg




この間、

なぜか風間杜夫と

デートしてる夢を見た。






なんでかねーと考えてみたら



その日の昼間、

友人宅へ遊びに行く途中、



商店街で


名人落語のポスターが目に止まり


そこに風間杜夫の写真があったからだと思われる。





その時、杜夫の落語聞いてみたいわーと思い


後で、調べよーと思っていた。





その夜、友人が引越し整理していていらない本を


もらってきたので、その1冊を読んだ。






IMGP6594.jpg




ミステリー中心な本が好きなあたしにとっては、


真逆のような本で、普段読まない本。違和感。




女の書く話だーと思った。



短編集だったから、すらすら読み終えてしまった。


好きでもないけど、なんか新鮮だった。




そんな本を読んだ後に、寝たからこーゆ夢になったのだな。


単純な脳。






そして昨日、その寄席に行ってきたのだよ。





IMG_2284.jpg



スケジュール通りには行かず、終わったのは17時を過ぎていた。





柳家権太楼 風間杜夫 二人会という寄席だったのだけど


他にも、演芸で動物の声真似をやる

江戸家猫八を師匠にもつ子猫、

前座の橘家かな丈の落語を聞いた。






IMG_2287.jpg



前座で、

急な睡魔に襲われてしまったのだけど




権太楼氏と杜夫氏の落語は、聞き取りやすく

話も面白く世界に入り込めて笑ったな。




夢の中で話して歩いた杜夫氏とは、イメージが別人だった。笑



実際は、すごく面白い人で妄想癖すごいけど

芸達者な人なんだなーと思った。





話し始める前に、

世間話みたいのをするのだけど(このことをなんというかは知らない)


大竹まことなどが出てくる劇団時代の話も面白かったし。





権太楼氏の落語を、生で聞きたい思っていた。


すぐ笑に変えて、周りの人もひっきりなしに笑っていたほど

面白かった。





この二人会、また行きたいと思った。




でも大ホールじゃない方がいいなあ。



前行った時のような 小箱の方が、

噺家とも近いし




世界観に引き込まれやすいから

いいなーと思ったりもした。







数年ぶりかの池袋で乗り換えをするついでに


寄席の前に、

ちょいと気になるところがあったので

寄ってみた。






IMG_2280.jpg




古代オリエンタル博物館




早い時間に行ったからか、お客も数人しかおらず


ゆっくりと見れてよかった。






IMG_2288.jpg




昔から、オリエンタル地域に興味があり

いつか行ってみたいなと未だに思っているのだけど



実際、この地域での旅とかは危険なことが多い気がするし

難しいのだろうなと思う。




掘り起こされた土器など、展示してあった。




今思えば、サンシャインシティに来たのは

18歳か19歳ぶりだったかも。(その時は、水族館のみー)









池袋、普段行かない街。




IMG_2281.jpg




巣鴨に住んでいた寮時代も、

買い物は原宿か上野へ行っていた。




池袋で下車しても

駅のPARCO止まりがほとんど。笑



今はなき、P’PARCOは懐かしく思うな。




東口にあった、生地屋によく行っていたような気が

するのだけど、


それすらもなかった。



ちょっとだけ変わっちまった街。







おまけ




IMG_2283.jpg


イスの配置の違和感。




前回東武東上線に乗った時は、


普通の横長のイスで、違和感なかったのだけど



今回乗った東上線が

横並びのイスが、2席1組みたいな感じで

全部このパターンが ズラリ並んでいたー






あやこさW7




カラフルワールド

2017年05月27日 16:13





先週末、草間彌生展へ行ってきたよ。






IMG_2229.jpg




中に入れるまで、1時間近く並んだ。





友人と一緒じゃなかったら、並べず展示すら見なかっただろうな


と思うほど、久々に並んだ。(並ぶの嫌い)







IMG_2228.jpg




IMG_2230.jpg





IMG_2233.jpg





入ると、この大スペースの壁面に


びっしりと


作品が展示してあった。






このエリアだけ、撮影okで皆パチパチ撮っていたな。






IMG_2234.jpg






IMG_2231.jpg




こういったポップでカラフルなイメージ


しかなかったのだけど




若かりし頃の初期作品などを見ていると、


全く違った雰囲気の絵を描いていた。





映像を見ても、不思議オーラ満載で


現在の草間彌生しか知らないあたしにとっては


衝撃的だったな。





観に来てよかった。




グッズをレジで買うまでも30分〜くらい並び、


とにかく並んで待ってで、くたびれた。





15時前の遅めのランチで、


ミッドタウン内にある


名古屋コーチンの店で、親子丼をたらふく食べたよ。




IMG_2238.jpg




美味!!



鳥カツ丼と塩から付きのセットにしたのだけど、


結構満足で、この日の夕飯は、もう入らなかった。







ps, 前回のブログの続きで、


また今週チビGが出たのだよ!!!





どうやら、


窓辺とかサッシの付近にいる事が多いので


網戸やら窓や、エアコンの室外機と室内を結んでるあたりに


Gの嫌いな匂いを シューっとやってみた。






あーあ、もう出ないといいなあ。




ここ6.7年、Gが出た事なんて鎌倉で1回


茅ヶ崎では0回(引越時に洗濯機の下から死んでるG発見した)


だったので、



ここの住処の問題か、環境とかなのかね。






IMG_3053.jpg







この他、


ヒバブロックや、ヒバスプレーまで買ったよ。




癒しの香りだから、よしだよ。





ヒバで様子見。過剰対策w






あやこさW7





LEONARD FOUJITA @ 府中

2016年11月03日 17:11




生誕130年記念 藤田嗣治展


を こみえと観に行ってきたー。




IMG_1648.jpg




初、府中!!





IMG_1651.jpg




ついこないだ上野公園へアートを

見に行ったばかりなのだけど



好きなアーティストの藤田も、

今、府中美術館で展示をしているので

行ったのだよ。




このあいだのゴッホとゴーギャンではないけど

藤田の歴史もいろいろだ。




26歳でパリに渡り、藤田の描く表現が評価され始め

絵画だけの成功ではなく、

すごく個性的な彼は

女性にももてたのか、3度も結婚している!



売れてからは、高級車を乗り回し

派手な生活を送っていた時期もあったみたい。



きっとそういった姿が、当時の日本人からしたら

なんていけ好かないやつだ〜と

移ってしまったのかもしれない。




藤田は、

日本では戦争画をかかされたりした。



あの素晴らしい繊細な綺麗な絵画を描く

藤田にとっては、きっと心身とも辛かっただろうな。



というか、画家たちは、そんなのを描きたくないだろう。




なぜか日本では評判が良くなかったのか、

批難もあったみたいだし



結局藤田はさ、戦争画を書かされてからは、パリへ戻り

もう日本へは戻らなかったみたい。



日本国籍を捨て、

フランス国籍になり レオナードフジタになるんだよな。






IMG_1646.jpg





フジタの今までの作品を

日本は「いらない」と言ったんでしょ


馬鹿だね。




でもフジタにとっては、パリで開花し、パリの人々には

フジタの作品は評価されていたので、



フランスに藤田の作品がほとんどいってしまったのは

日本のファンのあたしみたいなもんにとっては

残念だけども、


フジタにとっては、良かったのかもしれないな。






当時の日本のやつがな。


ひどいよな、日本人画家に対するこの扱い...




芸術家の人生、波乱。





藤田しか描けない、あの乳白色な作品が沢山あった。



でも、作品ごと所蔵を見ていたら、

フランスから来ている作品が、1.2点〜少ない!!!!



結局、日本各地の美術館にある1点1点の

寄せ集めばかりじゃん!!




タイトルの東と西を結ぶ絵画 生誕130年と

大きくうたってる割には


フランスに貯蔵している作品が、

ぜんっぜんきていないじゃんね。



と、こみえと話していた。





まー、そんなところ見ているの、

我々くらいなんだろうけどもさ。(変わりもん)





IMG_1652.jpg




まだまだ、紅葉してないねー。うっすら。


昨日、劇的な寒さで

ついに、おこたをONしてしまいましたよー。




最近、バイトをしない日は

美術館と図書館しか行っていない。 秋だわ〜





あやこさW7




あなたの向日葵

2016年11月01日 22:20



ケーキ屋のバイト終わり。


今までは

期限切れのケーキは持って帰ってきて

何日もかけて食べていたのだけど、

今度は最終日に、焼き菓子を大量にもらって

日々クッキー祭りだわ。(ほとんど周りの人へ配る)





今日は先週行こうと思って行かなかった、美術館へ。




IMG_1638.jpg



ゴッホとゴーギャン展 @ 東京都美術館





いろんなアートやイベントが気軽に見に行けることが


唯一、東京に住んでいてよかったと思えるところ。





平日とはいえども、まあまあのお客さんがいた。




個人的に、ゴッホよりゴーギャンの作品に

昔から惹かれていてさ。





結構、見えない心の闇みたいなもんを


描いたりするでしょ。暗い部分ていうか。




なんかね、独特なんだよな。



そんなところに惹かれたりするし


作品見ると、すごく考えさせられる。






でも今回、ゴッホと一緒に展示をやるということは


一緒に住んでいた頃の作品とか、


ゴッホとゴーギャンの

いろいろなエピソードもわかるんかなあと思って、

観に行ってきたのだよ。





IMG_1643_2016110121120899a.jpg






ゴッホとゴーギャンは、一緒に住んでいたけど

うまくいかなくなって、

ゴーギャンがいなくなり 



ゴッホが精神病になって左耳を落としたのは

有名な話。





作品を時代ごとに観ていくと、

他の画家仲間の作品も出てくるのだけども



ゴッホとゴーギャンは、

絵画表現は違うものの

お互いの影響を受けていたこともわかる。





そしてさ、その都度の状況で

絵のタッチも違っていた。




しーて言うなら



精神病になってからのゴッホの作品は、

曲線やタッチが

以前より強調して描かれていたり。




作品を眺めていて、

なんだかここまでお互いを

意識して

尊敬してるけど、


仲違いして


でも離れても友情は変わりなくって。





観終わった後、なんとも悲しい気分になったのは


あたしだけかしら....





ゴッホは、ゴーギャンと暮らし始めた時

嬉しくて


ゴーギャンのために、ひまわりの絵をいっぱい書いて

壁に並べたんだって。




そのエピソード聞いただけでも、ああ泣ける。



涙。



幸せな部分もあり、暗い部分もあり、


なんだかさ、

作品を何も考えずにただ見れば良いものの



絵を観てたら、

あー、この時はこんな感情で描いてたんかな〜とか

勝手に妄想したり、絵で感じながら観ていたもんだから、


考えさせられ



ゴッホのその情熱的で芸術的な生き方も

なぜか悲しく映ってしまい



観終わった後、

ただ一人なんとも暗〜い気持ちになってしまったよ。



でもね、

どれもこれも素晴らしい作品達だよ。






IMG_1640.jpg




観た後、上野公園をブラブラ散歩していたら


楽器の音色が。





サックスで「小さな秋」を奏でている

おじちゃん。




かなり、切ない!!!!




音色も切ない、景色も切ない、あたしの心も今切ない。



この楽曲、なんか悲しくなるって。(やーめーてー)




やっと「小さな秋」が終わったら、


今度は、「もみじ」




なんでかね、サックスで聴くと

妙に切なくなるな。


秋は切ない感じのメロディーが多いのかしら。





紅葉する前に、葉が地面にちらほらと

落ちていて

木々の枝も、寂しい感じになってきていた。





IMG_1641_20161101202147a99.jpg







あやこさW7






最新記事