Where are you from?

2015年01月03日 00:41



R0025361.jpg

(これは国内線のラオ航空)




まずはじめにー

飛行機事情のことでも。


今回は、ラオスへ行ってまいりました。




ベトナムはこの間に2度入国した。



飛行機の乗り継ぎ時間まで空いたので、

その間辛抱強く空港内で待つのも

時間が勿体ないし、ベトナムに立ち寄り、寝たのみ。




R0025864.jpg



R0025353.jpg







今回も、航空券と宿だけ決めて行った旅。



バックパック背負って、きままに行きたい場所へふらふらしてきたのだけど

いやはや数えればイミグレだけで、

羽田も入れたら9回もしていて(移動し過ぎ!)

慣れたとはいえ、さすがにくたびれたよ。



そしてその全ての飛行機において、遅れた事w




R0025883.jpg

(羽田空港)




行きの羽田〜ハノイに関しては天候で風が強いらしく、

福岡で給油してからのハノイへとなり

着いたのは2時間遅れ。



事前に、泊る宿の人とGMAILでやりとりしていて、

迎えに来てもらう事にしていたので

待たせるの悪いと思い

羽田空港からメールをしたら(Free WIFI)



2時間遅くなると、迎えが23時になってしまい、

まさかの深夜料金が発生する時間に。



飛行機が遅れたせいで、

深夜料金+5ドル多く払うはめになった。泣






その他乗った飛行機に関しても、

全ての便に置いて15分〜2時間遅れペース。



もともと皆が休む年末年始やGWは高いから、

旅には行った事がなかったから分からないのだけども

こういう時期は飛行機って、遅れるのが普通なのかいー?




現地で、

ラオ族で日本語もしゃべれるお方に出会ったのだけど

その人に聞いたら、ラオ航空が遅れるのはいつものこと!らしい!!




108969821.jpg



ラオス国内線の時刻表。

なんか、なんかさ、ちょっと見づらい。笑



場所ごと並べてるかと思いきやそーでもないし

早い時間順に並んでるかと思いきや、そーでもないし、



なんだかな〜、ゆるい。


特に、ハイシーズンは必ず飛行機は遅れるらしい。



なので皆さま

ラオスへ行く際は、時間に余裕をもって

行く事を勧めます。



ハイシーズンは、時間通りには ほぼいきません。(ラオス人もそういってる)


せっかちの人は、いらいらするのでは?と思われるので

ハイシーズンの旅は

お勧め出来ないかもしれません。




ラオス人からしたら、遅れるのは普通だから、皆気にしないとの事。





R0025355.jpg

(ビエンチャンの国際線のほう)



ここには、売店が2つ3つくらい、カフェは2つくらい、簡単な日本食が食べれる店が1つ、

上の階にビュッフェがある。(89,000kip)



時間が2時間空いたときに、贅沢に入ってみたのだけど

いろんな料理が沢山あって、おいしかった☆

画像は悲しくも消えたスマホの中〜。




ちなみにビールも飲み放題なのだよ。すごいよね。


ラオスに来てから、ビールを毎日飲んでいたよ。






ベトナムのハノイにあるノイバイ空港は

WIFI Freeで使えるのに対し



ラオスはビエンチャンもルアンプラバンの空港も

WIFIはFreeではない為、ネットは出来なかった。








R0025357.jpg



こっちは国内線のほう。


売店が少しあるのみ。

2階に、ちょっとしたご飯が食べれる事や、

お金を払えばネットが出来る場所なんかもあった。






R0025360.jpg



飛行機を待つ待合室が、暗い!笑


ちなみにさ、トイレに入ったらトイレも電気ついてなかった。

スイッチ押しても電気つかず。



省エネなのか、昼間はつけない方向なのか。

ちなみに40ふんくらい、皆まちぼうけ中。


日本ならば、遅延の場合

こういった状況で遅れてますとのインフォメーションが

あるけども、

こっちは一切お知らせがなーい。


時間になっても、乗務員すら来ない。笑

皆まちぼうけ〜。




ちなみに、ルアンプラバンからビエンチャンに行く便も

2日前くらいに

17時台の便が20時台に送れると、

チケットを取った会社からメールがきた。


事前にきてくれてよかったけど。




ちょっと話しズレるけど、

荷物検査の時、まさかのひっかかったものがこれが!?と

思ったので、ちょっと紹介。



R0025912.jpg




一番始めのまさかの羽田を出国するときに、

ひっかかったのが、実は右の髪留め!!


ちなみに時計は、おーけーだった。


音が鳴るとさ、警備員に押さえられてさ、靴まで脱がされんの。

身体検査もされてさ〜。
へ!?と思ったね〜。

変なもん持ってないのにさ〜。



ほんで上着やら脱いでもう一回通したら、音しなかったのだけど

「何が原因でなったんですか?」と聞いたら、

上着についてた、まさかの髪留め。


今後は、絶対外さないとだな〜と。あれはびっくりしたわ〜。






IMGP2493.jpg




ラオスでも、今回はルアンプラバンと山岳民族のいる村に行くのが

目的だったから、

その他は首都のビエンチャンに1日行ったくらいだった。




帰りの飛行機が、1/4の正月いっぱいまで空きがなかったので

もう少し長くいられたら、パクセーとかにも行ってみたかったな。





R0025362.jpg



手前の飛行機に着いてるプロペラが、きになる。






R0025364.jpg



国内線に乗ると、

水とミックスドライフルーツが出るのだけど、

このミックスドライフルーツが、あたしの中では結構美味しくって

お土産に3つ買った程だよ。笑



ちなみにお土産で売ってるやつには、Lao Airlines の文字は入っていない。





あと空港から市内へ出る時は、

タクシーや相乗りのバスがあった。

基本的に市内までの料金は決まっていて、出口付近にあるタクシーカウンターへ

行って、行き先を伝えお金を払いチケットをもらってから、

乗車する流れ。



R0025913.jpg


こんなん。





トゥクトゥクもあるけど、こっちは基本的な設定はあるものの

値段交渉で乗る。


あたしは空港から市内に出るときはタクシー(相乗りのやつ)使い

市内から空港へ行く時は、値段交渉してトゥクトゥクにした。


でさー、たまに運転手の知り合いが途中から乗ってきてさ

同じ方向までただ乗りしやがって降りてくのー。


あれほんといらつくわ。乗るならカネ払えと思うなーー




R0025437.jpg



今回の旅、「Where are you from?」 を、よく聞かれた。



数えてたら1日4回、話しかけられた日もあった。



でもちょっとした会話や単語しか分からないから、

一緒にどこか行くとかはしなかったよ。



女っこ1人で、でっかいバックパック背負って歩いてたら

どこから来たのか気になるんかね?

家出少女てきかい?



たしかに自分みたいな女の人はちっともいなかったのだけど、
(いてもスーツケースとか上品な装いだったり、リュックとかで普通ないでたち。)

男のバックパッカーは各国ともに、多く感じた。


団体ツアーは、韓国人が多かった。

欧米人の少人数旅も多く見られた。



ナイトマーケットで日本人夫婦を1組みた。



日本人は少なく

話しかけられたのは2人だけ。



1人は、NGOの人でアフリカからラオスに赴任になって休暇で

ルアンに来たという人。



もう1人は、パクセーに行く人で、乗り換えのときに

ビエンチャンの空港で


「羽田から同じ便で、何処行くか気になってたんですけど」と

言われてビックリした。





プーシーの丘にいるときに、同じ匂いのするバックパッカーの

欧米人に話しかけられたり(タトゥばりばりのお兄さんだった)、



韓国女性にも空港で話しかけられたり(会話不能)

地元のラオ人ともちょびっと会話した。



簡単なあいさつなんかのラオス語を覚えていったので

よかった。


でもカム族やモン族との会話はほぼ不能だった。



もっともっと喋れたら、いろんな国の人と

コミュニケーションとれんのになと思った。



もっと勉強しないとだなと思った。いつも思うのに、勉強進まず。




事前にメールをしあってたベトナムの女の人とは

一番会話が続いたきがする。笑



あたしの中学生なみの英会話レベルでもいけるものだな。



R0025874.jpg




そのベトナム女性が、

あたしにくれた謎の食べ物。


見た目、う●●感を隠せない、形に色合い。



とはいえども、

きっと開けたら白い甘いフルーツを予想していたのだけど




R0025908.jpg



R0025911.jpg


こっちでいう、落花生みたいな構造。笑

食べると黒い種が出てきた。


種の周りに着いたこの茶色いのを食べてみたら、

キャラメルより、もっとねちょねちょしていて

適度な甘さのコーヒーに近い味だけど、酸っぱい食べ物。


日本にはない味だから、表現難しい。



これは、なんなんだろう。と思い調べてみたら、


見た目と解説をみて、

「タマリンド」 という フルーツだったみたい。



アフリカから南アジアにかけて地域が原産らしい。

20mくらいになる木に

季節になるとソラマメようなたくさんの果実が枝からぶら下がるとのこと。




未知な事たくさん。

だから旅はやめられない。







あやこさW7





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yaako3.blog99.fc2.com/tb.php/1006-6dc4d912
    この記事へのトラックバック


    最新記事