Luang Phabangに来てみて

2015年01月05日 06:26



R0025532_20150103150012a2a.jpg


ラオスの北部に位置する、ルアンプラバンに

行ってきましたよ。



この町、

市街地全体がユネスコの世界遺産に登録されている町ってわけで

どんな町か気になってたのよね。




R0025448.jpg




現在は、首都はビエンチャンなのだけど、

以前はここルアンが首都だったみたい。



王族のコレクションがびっしりあった王宮博物館も行ったので

それはまたおいおい。





R0025439.jpg



文字は、正直読めないや。笑


英語が一緒に書いてあるからよかったのだけども。


でもこの看板は、何の事書いてあんのかさっぱり分からないね。笑




フランスの植民地であったラオスは、


いまもなお

フランスの雰囲気を(行ったことないけどさ) 感じさせたな。





R0025669.jpg



R0025682.jpg



アジアの雰囲気の中に、

cafeや西洋てきな建物が入り交じっていたな。





R0025608.jpg



R0025571.jpg



R0025546.jpg



R0025575.jpg



こういったオシャレなカフェでくつろいでいるのは、

欧米の観光客だけ。



あたしもcafeは一軒しか入らず、


あとは屋台で食べたり

買ったもんを外で座って食べたり飲んだりしていた。







R0025899.jpg


これはラオスのタバコ(一部)。


一番右のタバコなんて、

フランスの国旗を思い出すような配色よね。



ちなみにどれがおすすめかで聞いたら、


やはり右のやつが

おすすめって言ってたので、お土産に買ったもの。


1箱6,000kipだったかな。(ちなみに10,000kip=130円くらい)


その隣はメンソール。


一番左のタバコは、個人的に直感で買ってみた。(こっちはソフト)



これも配色がやっぱり、フランスっぽいなと思ったりした。





R0025634.jpg




R0025639.jpg



日本では見た事のない植物もいろいろあって、

楽しかったな。


巨大化しすぎてるな、手前のサボテンちゃん。





東南アジアならでは、謎の実もあって、食べたくなったな。




R0025693.jpg



なんだろこれ。



この日、ルアンからビエンチャンへ移動する日だから、

一日中●Kgあるバックパックを

背負いながら

炎天下を歩いていたもんだから、



しょっちゅう、ベンチやこういった広場を見ると休憩した。笑





R0025694.jpg




日陰は涼しくって、疲れも飛んだよ。








気候は、今がまさにいい季節だったなと思う。



朝晩は冷えるけど、日中でも28度くらいで、

なんせ湿気がないから

歩いていてもだらだらと汗をかく事がそこまでない。(山登ったときは汗かいたけど)



地元長野の軽井沢の夏の気候にそっくり。



朝晩は16度くらいで肌寒いけど、日中はカラッとした暑さ。


日本に戻ってきた時、

羽田は小雪が舞っていて、一気に日本の寒さが身に染みた。





R0025699.jpg



R0025583.jpg



すれ違うと、サバーイディと挨拶した。



僧侶は女性と接触するとき何m以上離れないといけないだとか、


お酒も勿論駄目だし、

朝食べて、昼12時食べてからは一切食べ物は×だったり。



ごめん、

基本食いしん坊のせいか

食の厳しさしか覚えてないのだけども、



勿論それ以外でも

規則は相当あったのだよ。




R0025586.jpg




R0025632.jpg






R0025593.jpg



すぐメコン川が流れているのだけど

その川沿いには、びっしりとカフェやホテルが連なっていた。





ルアンは、ラオスの中でも物価が一番高いと言われたのだけど

ビエンチャンで入ったマッサージやより、安い店があったよ。


1時間で15,000kip~20,000kipなんてとこもあった。




ちなみにビエンチャンで入ったマッサージは、1時間で50,000kip

いちお足だけのコースだったのだけど、


お姉さん


肩と背中もやってくれた。


しかし力が強いのなんのってー。念こめたか





R0025684.jpg



タイ、カンボジア、ベトナムもそうだったけども、

なぜだか東南アジアって、野良てきな犬が多い。




でもこの写真の

ふっさふさのモップか?みたいな犬は

飼われてる子だと思うけども、それにしても放し飼いってやつ。


自由。




そしてルアンは、猫ちゃんも結構いた。



R0025443.jpg



その中でも、この子だけでは、おいで~と呼んだら

ミャオミャオきて、かなりかわいかったな。




R0025444.jpg



R0025445.jpg



R0025446.jpg



でもさ、本にも書いてあったのだけど


猫も触らん方がいいみたいなので、触るのよしたよ。


ざんねん。







犬も、くたびれてる子とか多くて

案外触れるんじゃ!?と 思ったのだけども、



やはり頭の中で

狂犬病狂犬病ともう1人の自分が訴えていたので、よしたよ。



あとこっちでは、蚊に刺されるのもあまりよくないみたい。


去年日本もニュースで

わいわい騒いでいたデング熱ってやつよ。



市内でもそーゆのいるみたいで、刺されないように虫除けスプレーは持参した方が

よいと書かれたあった。



しかし、虫除けをもっていかなかった。(わざわざ買うの面倒でさ)




そして気づいたら3ヶ所刺されていた。あらま。



刺されてから潜伏期間3日だから、

きっと日本に帰ってからヤバいやつだったら

発症するなと思っていたのだけども、お熱でず。



ちなみにお腹の調子が変だけど。笑








日本の野良猫は、いろいろご飯をもらっているのか

太っちょな子とかあまりガリガリな子はいないけども、



ラオスの猫は

結構痩せていた。




R0025554.jpg



R0025702.jpg




R0025697.jpg



R0025557.jpg



R0025577.jpg




町以外の見所は、プーシーの丘や博物館や寺院など

少し郊外に行くと滝があったり、アクティビティも充実していた。



レンタサイクルをしてチャリで入っている欧米人もいた。


でもあたしはここから数キロ離れた山へ行く事と、


あと毎晩楽しんだ

ナイトマーケットと屋台が好きだったよ。




次はそのことでも。



R0025706.jpg




あやこさW7





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yaako3.blog99.fc2.com/tb.php/1008-7fed2d77
    この記事へのトラックバック


    最新記事