鍵事件からのはじまり

2015年08月01日 10:15




IMG_3514.jpg



旅も今日でおしまいの朝。




この日もam6時くらいに起きた。



朝食は下の大広間だったので


着替えて行こうとしたら





へ? 部屋の扉ない



あれ、廊下がみえるよ。




全開....。


見事に扉が見えない状況の開きっぷりー





え?いつから?



昨夜部屋に戻って、

ドアノブのボッチ押したつもりだったのだけどー。





こーゆードアノブ↓


IMG_3520.jpg



IMG_3521.jpg




来たときから、

このドアノブと一緒になってる鍵が

どうもうまいこと出来なくて、



出かけるときも一発でカチっといかなかったりで

よくカチャカチャしてた。





状況はちょっと違うけど、


何年前か

友人と行った兵庫県の三宮の宿を思い出した。




参照→http://ameblo.jp/schema-bossa/archive8-200811.html#main





あの宿の鍵とはべつもんだけど、カチャカチャしているときに

思い出した。




たぶん、鍵かけてなかったきもしたのと


深夜風が強く、



そのときにもしかしたら

ささーっと開いたのかもだな。




なんも盗られていなかったし

泥棒とかの仕業とかではないよう。





あたし、ほぼ浴衣がはだけて全裸だねこれ

と思う状態で、


たいして布団もかけてなく、

ぐーすか夢を見て寝ていた。




大丈夫だったかな(今更おもう)




これからはちょっと気をつけよう

思った朝だったな。





IMG_3519.jpg



IMG_3518.jpg



そんな思いを抱えつつ、朝食。




いかそーめん、イカの塩辛、ほんっとに美味だった。


朝から満足満腹。





IMG_3523.jpg



am7:20には宿を出て、またバスに乗り

むつバスターミナルへ。






IMG_3527.jpg




ここで恐山線に乗り換えようと、ちょっと待つ。



みてー、

掲示板の料金が漢数字なのね。




数字だと分かりやすいけども、漢数字って海外のお方からしたら

分かりづらそうー。




たまたま、あたしと似たようなスタイルの欧米系のお方が

いたからさ。






バスに乗ると、ざっと10人未満で

1人の人も多く、あとはカップルとかだったなー。





このバスは、恐山線という名だけあって、


着くまで恐山の歴史やなぞの唄が流れていたりした。



山の中をぐんぐん進んでいくのだけど

すごく緊張して何故か心臓がばくばくしていた。


いちお塩袋持って来てたから、多少へいきかと。




IMG_3682.jpg


(沖縄たびの時に買った、お守り塩袋)





そして、冷水というバス停があるのだけど、

運転手さんが、よかったら飲んで来て下さいと

バスを停車してくれた。




IMG_3582.jpg




IMG_3528.jpg




天然の水おいしいー。


これって、いつもやってくれてるみたい。

いいね。




バスを数分走っていくと、恐山の入口手前には三途の川。

(ここはバスでは降りなかったので、後で歩いて撮りに行ったのー)




IMG_3572.jpg


これが、おはなしで聞いた事のある

やつなのね!!





R0026263.jpg



えー まむしとか無理だな。

演出? それともほんとの注意書き?


注意書きだよねきっと。



まさに地獄の始まりってやつなのだろうか?



R0026264.jpg




なんか怖いけど、笑っているようにも見えたり

なんだかな不気味に思えてみたり。





R0026260.jpg




なんとなく橋を渡らず見るだけにしてたのだけど

水がほんとにキレイだった。




R0026257.jpg



ほら、この透明度ったら。





IMG_3574.jpg




でもなんだか、不気味に思えたりするのは

あたしだけかい?



八つ墓村の、シンクロてき死体シーンを

パッと思い出してしまったり。

場所は違うと思うけど。



この透明でキレイな水が、不気味に思えるなんて異常なのかもだな。




R0026253.jpg




R0026255.jpg




am10:00前だったからなのか、駐車場もがらん。


観光シーズンや大霊祭の時は、人沢山なのだろうなきっと。





IMG_3579.jpg




さてここから恐山へ。








あやこさW7



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yaako3.blog99.fc2.com/tb.php/1058-06125092
    この記事へのトラックバック


    最新記事