あなたの向日葵

2016年11月01日 22:20



ケーキ屋のバイト終わり。


今までは

期限切れのケーキは持って帰ってきて

何日もかけて食べていたのだけど、

今度は最終日に、焼き菓子を大量にもらって

日々クッキー祭りだわ。(ほとんど周りの人へ配る)





今日は先週行こうと思って行かなかった、美術館へ。




IMG_1638.jpg



ゴッホとゴーギャン展 @ 東京都美術館





いろんなアートやイベントが気軽に見に行けることが


唯一、東京に住んでいてよかったと思えるところ。





平日とはいえども、まあまあのお客さんがいた。




個人的に、ゴッホよりゴーギャンの作品に

昔から惹かれていてさ。





結構、見えない心の闇みたいなもんを


描いたりするでしょ。暗い部分ていうか。




なんかね、独特なんだよな。



そんなところに惹かれたりするし


作品見ると、すごく考えさせられる。






でも今回、ゴッホと一緒に展示をやるということは


一緒に住んでいた頃の作品とか、


ゴッホとゴーギャンの

いろいろなエピソードもわかるんかなあと思って、

観に行ってきたのだよ。





IMG_1643_2016110121120899a.jpg






ゴッホとゴーギャンは、一緒に住んでいたけど

うまくいかなくなって、

ゴーギャンがいなくなり 



ゴッホが精神病になって左耳を落としたのは

有名な話。





作品を時代ごとに観ていくと、

他の画家仲間の作品も出てくるのだけども



ゴッホとゴーギャンは、

絵画表現は違うものの

お互いの影響を受けていたこともわかる。





そしてさ、その都度の状況で

絵のタッチも違っていた。




しーて言うなら



精神病になってからのゴッホの作品は、

曲線やタッチが

以前より強調して描かれていたり。




作品を眺めていて、

なんだかここまでお互いを

意識して

尊敬してるけど、


仲違いして


でも離れても友情は変わりなくって。





観終わった後、なんとも悲しい気分になったのは


あたしだけかしら....





ゴッホは、ゴーギャンと暮らし始めた時

嬉しくて


ゴーギャンのために、ひまわりの絵をいっぱい書いて

壁に並べたんだって。




そのエピソード聞いただけでも、ああ泣ける。



涙。



幸せな部分もあり、暗い部分もあり、


なんだかさ、

作品を何も考えずにただ見れば良いものの



絵を観てたら、

あー、この時はこんな感情で描いてたんかな〜とか

勝手に妄想したり、絵で感じながら観ていたもんだから、


考えさせられ



ゴッホのその情熱的で芸術的な生き方も

なぜか悲しく映ってしまい



観終わった後、

ただ一人なんとも暗〜い気持ちになってしまったよ。



でもね、

どれもこれも素晴らしい作品達だよ。






IMG_1640.jpg




観た後、上野公園をブラブラ散歩していたら


楽器の音色が。





サックスで「小さな秋」を奏でている

おじちゃん。




かなり、切ない!!!!




音色も切ない、景色も切ない、あたしの心も今切ない。



この楽曲、なんか悲しくなるって。(やーめーてー)




やっと「小さな秋」が終わったら、


今度は、「もみじ」




なんでかね、サックスで聴くと

妙に切なくなるな。


秋は切ない感じのメロディーが多いのかしら。





紅葉する前に、葉が地面にちらほらと

落ちていて

木々の枝も、寂しい感じになってきていた。





IMG_1641_20161101202147a99.jpg







あやこさW7




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yaako3.blog99.fc2.com/tb.php/1171-cd026354
    この記事へのトラックバック


    最新記事