LEONARD FOUJITA @ 府中

2016年11月03日 17:11




生誕130年記念 藤田嗣治展


を こみえと観に行ってきたー。




IMG_1648.jpg




初、府中!!





IMG_1651.jpg




ついこないだ上野公園へアートを

見に行ったばかりなのだけど



好きなアーティストの藤田も、

今、府中美術館で展示をしているので

行ったのだよ。




このあいだのゴッホとゴーギャンではないけど

藤田の歴史もいろいろだ。




26歳でパリに渡り、藤田の描く表現が評価され始め

絵画だけの成功ではなく、

すごく個性的な彼は

女性にももてたのか、3度も結婚している!



売れてからは、高級車を乗り回し

派手な生活を送っていた時期もあったみたい。



きっとそういった姿が、当時の日本人からしたら

なんていけ好かないやつだ〜と

移ってしまったのかもしれない。




藤田は、

日本では戦争画をかかされたりした。



あの素晴らしい繊細な綺麗な絵画を描く

藤田にとっては、きっと心身とも辛かっただろうな。



というか、画家たちは、そんなのを描きたくないだろう。




なぜか日本では評判が良くなかったのか、

批難もあったみたいだし



結局藤田はさ、戦争画を書かされてからは、パリへ戻り

もう日本へは戻らなかったみたい。



日本国籍を捨て、

フランス国籍になり レオナードフジタになるんだよな。






IMG_1646.jpg





フジタの今までの作品を

日本は「いらない」と言ったんでしょ


馬鹿だね。




でもフジタにとっては、パリで開花し、パリの人々には

フジタの作品は評価されていたので、



フランスに藤田の作品がほとんどいってしまったのは

日本のファンのあたしみたいなもんにとっては

残念だけども、


フジタにとっては、良かったのかもしれないな。






当時の日本のやつがな。


ひどいよな、日本人画家に対するこの扱い...




芸術家の人生、波乱。





藤田しか描けない、あの乳白色な作品が沢山あった。



でも、作品ごと所蔵を見ていたら、

フランスから来ている作品が、1.2点〜少ない!!!!



結局、日本各地の美術館にある1点1点の

寄せ集めばかりじゃん!!




タイトルの東と西を結ぶ絵画 生誕130年と

大きくうたってる割には


フランスに貯蔵している作品が、

ぜんっぜんきていないじゃんね。



と、こみえと話していた。





まー、そんなところ見ているの、

我々くらいなんだろうけどもさ。(変わりもん)





IMG_1652.jpg




まだまだ、紅葉してないねー。うっすら。


昨日、劇的な寒さで

ついに、おこたをONしてしまいましたよー。




最近、バイトをしない日は

美術館と図書館しか行っていない。 秋だわ〜





あやこさW7




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yaako3.blog99.fc2.com/tb.php/1172-4c576fed
    この記事へのトラックバック


    最新記事