たまさんの駄菓子屋

2016年11月16日 09:35





月曜日、大船鎌倉に行ってきたのだけど雨。



紅葉とか見たかったのだけど、

友人は雨が嫌いらしく、大して散策せず

ブラブラしただけー。





大船にある個人的に好きな店、

石狩亭でランチを食べたのだけど


そのあと、向かいのドラッグストアにこれが...





IMG_1704.jpg




これが売っていたの、小学生ぶりくらいに見た!!!



ということは、

今の20代のことかは知らないお菓子なんかな。


EVERY BURGER




もうさ、このパッケージのデザインが、モロ80年代。

フォントも色も。




これを見てテンションがちょいと上がったのは

きっとちびっこ時代に食べていた私だけなのかもだけど

食べたくなったー




だから買っちゃった。





IMG_1705.jpg




大人になった今食べても、

ちょっと甘いけど、中らいけるな。





ちなみに、隣には「パックンチョ」も、置いてあった。


ミッキーとかの絵が書いてあるやつ。




あと「チョコあんぱん」 ← これはたまにスーパーで見る。





それらを見ていたらさ、

ちびっこ時代に一瞬タイムスリップした。




**********************************************




ちびっこ時代、小5まで住んでいたお家の近所に

駄菓子屋があった。



「たまさん」という、おばちゃんがやっているお店で


店の名前は「たまや」なのか、

うろ覚えだけど



あたしはその店のことを、「たまさん」と呼んでいた。



たまさんには、駄菓子の他にも

ちょっとした調味料や食材なんかもあったので



足りないものなんかがあると

たまさんちで〇〇買ってきてと言われ



余ったお金で、駄菓子を買ってきていいと言われたので

すすんでおつかいに行っていた。(お調子者)



近所の友人も皆好きな店で

ちびっこの溜まり場にもなっていた。




ある日、1こ上の兄ちゃんが、

「あや、この中の好きなアイス、食べていいよ」と言われ

嬉しくて、アイスを一つ選んだ。




アイス食べながら、うちへ帰ったら

こみえに「そのアイスどうしたの?」と

言われた。




正直に、「たかちゃんがくれた」と言った。



その時、こみえは「?」と思ったらしい。




そして暫くすると


近所のお母さんたちが

「たかちゃんにアイスをご馳走になったみたいで

ありがとう」と、言われたらしい。




その時に、これは、どういうことなのか?

おかしいと、思ったという。




どこでもらったのよ と 言われたので、

「たまさんの外にあるアイスから選んで食べた」ことを

言った。



それでこみえは、まさか!と

やな予感したみたい。




お小遣いもあげていないし、

お年玉はだいたい没収されていたから


何かほしい時は、自己申告制。




小金を持っていたとしても

大したお金はないはずなのに、何人かにアイスを配っている。




たまさんの店外に

アイスのショーケースがあったのだけど


兄曰く、

外にあるから売り物とは思わなかったらしい。



「お、ここにアイスいっぱいあるぞ」と

近所の皆にあげたくなって

それで配ってたらしーのよね。




優しいといえば優しい。


だけども、すごい調子いい考え!




あの時、アイスを何人分配ったかは知らないけども

こみえは、たまさんちへ代金を支払いに行き

兄が怒られたのは、言うまでもない。





あやこさW7





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yaako3.blog99.fc2.com/tb.php/1177-f2b9b053
    この記事へのトラックバック


    最新記事