ニホンの伝統芸能

2010年11月23日 18:02

R0018109_20101123163435.jpg





日本人なのに、ニホンの伝統芸能って あんまり分からないのって

やはり恥かしら。




演劇は、歌舞伎や狂言とか能は どういうわけか一時期ハマった事があって

友人等と行ったことあったけど、

正直 よく分からないのよね。言葉の言い回しとか聞き取れなかったり。






でも ひとつひとつ細かく見ていると、衣装やメイク、踊りとか


指先まで、精神込めてやってるっていうか 魂かんじる。





だから分からないのに、見入っちゃうのよね。




R0018108.jpg
  



DVDとか出てないけど、いつだったか今から5年前くらいに

三茶のパブリックシアターで 坂東玉三郎と鼓童が一緒にやった舞台

「アマテラス」





伝統芸能に初めて足を運んだ舞台だったのだけど(タブン)

友人と行って、2人して感動しまくった作品。



立ち見だったけど、惹きこまれる演出、音、舞。



やはり物語?の内容はあまり分からなかったんだけど

すごく見入ってしまった。





言葉とかセリフはあまりなかった?と思ったが、音や演技だけでもの語るというか


こういう事って、すごいと思ったの。





ああ、日本語分からなくても だから皆海外から来てる人たちも

ブラボーとか言えるんだね。


観客を惹きこむんだからすごいわ。









Tamasaburo + Kodo "Amaterasu"








この動画、最初の所だけだけど

これからいいとこ始まるってとこで終わる…。



舞台が終わった後、NHKアンコールでTV放送したらしいのだけど、

そういうときに限って 家に帰れなかったりいなかったりで逃した。 




坂東玉三郎さん、女形で1番好きなの。

すんごい美しすぎる。顔も容姿も演技もさ。あー。



鼓童は、この前から知っていて(和太鼓を聴いた)

邦楽の素晴らしさをあたしに教えてくれたのが鼓童。



日本の楽器っていいなーと改めて思う。 



この舞台は、あたしの中で今もずっとNO1。





他、落語とかは結構身近だし (タイガー&ドラゴンの影響もある。)


10代とか20代の人も、日本の文化にたっくさん触れてほしい。






R0018105.jpg




先生たちがPariであった公演から戻り、お土産もらった。



あたしのキャラには不向きなこのキーホルダーだけど(♡とかあたしじゃないよね)


かわゆいわ。らぶ 



いっぱいある中からこれを選んだあたし。


うーん、普段あたしは アフリカンやアジアなもんばっかだけど、


これ選ぶなんて 何気にあたしも女よね。w








今回、samurai japon 2010 というイベントで踊ってきたらしいのだけど


日本の音楽・文化・芸能を通して、

フランスの方々に「日本の心」「日本の美」を伝える文化交流イベントみたい。





すごいわー。



逆で考えてみたら、そうねーあたしもフランスじゃないけど、

アフリカ展やったとき、横浜行ったもんなー。



音楽も文化も物も見れるし、アフリカの人と交流出来るから行くよね。



きっとこれも、フランスにいる日本に興味ある人たちも、

そういう気持ちで見に行くのだろうね。






そして、パリ公演の動画の一部。


琉球舞踊 かしかけ









素敵。


あたしはここまで踊れるのに、何年かかるかしらね…。







琉球舞踊 鳩間の港(フィナーレ)








連れてこられた おしゃれなちびっ子が、かわいすぎるわ!!


きょとーん。






伝統芸能って、その他にも沢山あるけど

日本独特なものって、やはりいい。



和楽器、着物、食事 あらゆるもんが。







そんなこと言っておりますが、そろそろ海外たびにも行きたいわ…。


羽田近いしー。




弾丸ハワイたびとか 行きたい。でも、余計疲れるか。








あやこさW7







 
スポンサーサイト


コメント

  1. ナナパパ | URL | -

    日本の音楽。

    例えばブラジルなんだけど、、ブラジル関係の本読んでいて、、ブラジルって、僕らはサンバとボサノヴァって思っちゃっているのだけれど、、そりゃブラジルの現代っ子達はROCKもSoulもヒップホップも好きな訳で、、ボサノヴァとかサンバとかは有る意味上の世代の人達の音楽ね⁉みたいなことはあるらしいの。でも、、ブラジルの音楽をブラジルの子達が知らないのはやはり淋しい気がするんだよね、。だから、、そゆ訳で、僕らもも少し僕らの国の音楽を知っていても良いのかと思う今日この頃なんだ、、最近、。そんな時に、このBlogだったよ、、笑。

  2. やあこ | URL | -

    > ナナパパ さま

    お疲れさまですー。
    おっとー、またもやドンピシャなタイミングでしたか。笑
    ナナパパさんも、そう思いますかーそう思える人が自分以外にも
    いることはとっても嬉しいですねー!

    ニホンにいるのに、あまりこの国のことがよく分かってないのって
    やはり寂しい。
    旅をしてるといろんな土地のことはだんだん分かってきたけど
    伝統芸能はまだまだ沢山ありすぎるし、奥深い。


    子供の頃じゃ分からない事も、大人になると 和食のおいしさとか
    陶芸とか、ニホンの建築や寺院とか、いろいろニホン独特なあらゆるものにすごいわーと感じるようになるのよね。

    あーあ、そのうちどんどん年老いたら詩吟とか演歌とかゲートボール(これってニホン?)
    とかに興味とか持ち始めんのかな…。うーん。

    まあそれもいいけど、ニホンは勿論世界いろんな国のこと
    知りたい今日この頃。


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事