生誕100年 岡本太郎展 @ 東京

2011年05月07日 01:44

螟ェ驛主ア・R0019117




先月いってきましたよ、岡本太郎展。




今年は生誕100年てことからか、TVでも本屋に行っても

太郎—太郎づくしな気がするのだけど





もともと岡本太郎の作品が好きで本を読んだり、

青山自宅の美術館も行ったり、

大阪の万博記念公園に行って、太陽の塔を見に行ったりしてたけど




この展示も2ヶ月間やっていたから、太郎好きな友人と一緒に行ってきた。






螟ェ驛主ア・R0019118





この日は、大雨で傘がひっくり返りそうな強風と共に行ったのだけど


(傘ひっくり返らずせーふ) 人はなかなかといた。






すごくぎゅうぎゅうではなく、ちゃんとひとつひとつみれて良かったかな。




彫刻作品は、すっと入れるのだけど

絵画に関しては、前からだけど、太郎の作品てすごくエネルギーをぶつけてくるような

迫力がひとつひとつあるので、結構疲れる時があるのだけど見れた。






でも、あたしは見れる絵もあれば見れない作品もあるのよね。




1枚の絵に、いろんな感情がぶつかってくるので


なんかやはり太郎の感覚や絵の表現てすさまじいものを感じるー。

すごい疲れてる時とか、正直見れないし...。




そして、現在 このように岡本太郎の作品や人柄が世に広まり

当時知らなかった人たちもこうやって知る機会になった

きっかけを作ったのって

やはり養女であった故としこ氏のおかげのような気がします。





彼女の支えがあって、沢山の人が作品を観れ、岡本太郎という人物を

知れたのかなーと思います。




まあ、少なくともあたしはそのうちの1人だしなー。





そして、作品を全部売らなかった事は、ほんとによかったと思う!


日本で生まれ、日本の芸術家の作品は、やはりずっと日本にあって欲しいし。





そうそ、展示の最後に大きな箱があって、

太郎のことばが書いてある、くじ引きというかお守りというかがあり


1人1枚?ひけるようだったので


あたしも引いてみたのだよー。





何かねーと、楽しみーと開けてみたら




R0019375.jpg





(しかも破き方まで失敗してる!)




この言葉を、胸に 生きていきます….。





螟ェ驛主ア・R0019121

(久々の、えぞ料理食べる!おいしー。)






あやこさW7









スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事