Incienso de santa fe

2011年06月14日 16:52


R0019487.jpg





あたし、かなりのお香らぶなのだけど、

かなり前に書いた、アジア系やペーパーお香や、エルビスお香に続く

今回はというと、



ネイティブアメリカン系のお店で、発見したお香。

7 scent sampler



R0019488.jpg




匂いごとに、40個いりでも売っていたのだけど、

どれ買うかうーんって感じだったので

7種類×7個が入ったセットを購入。(お香立て付)




R0019491.jpg




匂い的には、アジア系のお香とは違って

キツくなく、ペーパーお香に似ている感じ。

まさに、焚き火の香りです。





ほんわか匂う感じなのだけど、結構服とか髪の毛とかに

しっかり匂い付いちゃい、電車に乗ってる時

やべ、あたし焚火臭いな。と感じたよ。










お香詳細参照↓商品ページより


●ピニョン
フットヒルズというカリフォルニアの乾燥した山の地域からアリゾナの東側、ニューメキシコ、テキサス、そしてワイオミングの北側と、広い範囲に棲息している常緑樹です。まつぼっくりの木、といえば想像がつくと思います。ニューメキシコでは焚き火の木として馴染みが深く、日本でもきっと「あぁ、この香り」と懐かしく思う方もたくさんいらっしゃると思います。


●ジュニパー
アメリカ中に棲息し、アメリカ人には馴染みの木のひとつで、庭木にもよく使われます。その実は見掛けがブルーベリーによく似ていて、ジュニパーベリー呼ばれ、お茶やナチュラルメディスンとしても利用されています。このインセンスに利用されているのは、ロッキーマウンテンジュニパーという名前のもので、日本のお香にも似た上品な香りです。


●メスキート
アメリカ南西部の砂漠地帯からメキシコの標高の高い地域に生息するマメ科の植物で、とても特徴的な香りがあり、燃料として、またバーベキューやスモーク料理の香り付けとして利用されています。ネイティブアメリカンはこの豆を自分たちや家畜の食料として利用しています。このインセンスの香りはメスキートの持つ複雑な芳香をよく表現しているIncienso de Santa Fe の自信作だそうです。


●シダー
世界中に広く棲息していて多目的に利用されています。木自体の香りの良さから家具用の木材としても人気です。多くの人に馴染みがあり、アメリカでもネイティブアメリカンはその枝を束ねてガイド(スピリットヘルパー)との交信などに利用しています。心を落ち着けたり、気持ちを高めたりと多彩に効果を見せてくれます。


●アルダー
西海岸沿いの湿度の高いエリアに棲息する広葉樹で、魚介類のスモークに使われたり、家具用木材として広く利用されています。とてもマイルドで、シダーを更に優しくしたような香りです


●ファーバルサム
高原の山々に自生し、大きな実を付けることで知られています。クリスマスツリーに生の木が使われるため、その香りはとても生活に馴染んだものとして、アメリカでは人気があります。このインセンスは清々しく気持ちをリフレッシュさせてくれる香りを放ちます。


●ヒッコリー
この名前を聞いてスモーク料理を思い浮かべる人もたくさんいると思います。この木はこのインセンスのシリーズで唯一アメリカの西側ではなく、南東部に生息するもので、バーベキューによく使われることから、夏のイメージのある香りでもあるそうです。










あやこさW7









スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事