部品

2011年10月11日 15:01

01237.jpg




実はあたし

自転車はピンク色のルイガノを持っているのだけど


実家に置いている為

いま身近に自転車がなく、ずっと不便だなーと思っていたので


通販で折りたたみ自転車を購入。




p20111010-084125.jpg




ほんとは、近所で自転車を買いたかったのだけど(送料とかやだし)

あたしが乗れるよな自転車が少なくて、あったとしても

ばかたかくて買えないから、結局通販で購入したの。





届いて思ったんだけど、え?完成してないの?


あたしが組み立て?






その時点ですごい不安。(自分のことよく分かってる)




折り畳まれたのを開いて、ペダルとかつけて、ハンドルバー?を

差し込んだら、


ブレーキのコード?が絡まっちゃい、

もう一度バーを抜こうと思ったが、抜けない...。なんでよ




仕方なく、工具を出してハンドル部分を取り、コードの絡まりをとり出し

またハンドルつける。




ハンドルバーは差せたものの、何故か上の固定が出来ない。


永遠に閉まらないというか...。緩い。



もうどうすればいいのー?と半泣き。




やはり自分じゃ無理だから、防犯登録ついでにみてもらおうと思い


閉まらないとこを、シュシュでぐるぐる巻きにして止め


チャリに乗ってみた。(危険すぎる)





いちお走ってくれるけど、いつ破壊するのだろかという不安もあり


上り坂もきつかったし、ひいて歩く。





車通りが多い道は避けて裏道で行ったものの


トラップが山のようにあった。




というか、裏道=山道だしね。




あの急な下り... いま思うとよく平気だったなと思う。




気をつけながら漕いで店に行って登録をした後、おにいさんに話したら


「これ、絶対に乗っちゃだめです!」とやんわり叱られた。



そうだよね。



自分でやったとこは、おにいさんが

「あやしいですねー、再度僕が見ましょう」と言ってくれて



なにか他に部品はなかったか?と聞かれ


あ!そいやひとつこんなのがあったなーと思い話したら




「それ、すごく必要です」とのこと。


「むしろ重要部分です」とのこと。




なので、部品だけ取りに家へ戻り、その間チャリは預かってもらっていたよ。




また部品を持って店へ行くと、さっきのおにいさんは接客中だったので


別のおにいさんが「じゃあ自転車見せてもらえますかー?」と


整備してくれた。




そのおにいさんにも


「これ、かなり重要な部品。なぜつけてなかったのか」と言われた。



ペダルも全然緩いねーと閉めてくれ、空気も入れてもらい


折りたたみも完全に開ききってなく...

(あれ、いっぱいに開いたつもりだったけども。)




...呆れるよね




でもわかって。あたしじゃ無理なのよ。



物作るの好きなわりに、不器用なのか

いつも自分だけ皆と違うものが出来てしまうくらいなのよ。


おかげでいつも技術家庭は2か3だったわけで。(1じゃなくてよかった。ほ)




整備ちゃんとしてくれる人にやってもらって


ほんとよかった。ああ頼りになります。






そして帰りびっくりだわよー、こんなスイスイ進むなんてー!



しかし山越えはきつかった。


心臓破けると思ったわー。





1回休憩しないと、無理でしたよー。体力低下ー、運動不足ー。





自販機で見たことない怪しいスポーツドリンクを買ったら


激甘だったけど、休んで飲んだらちょっと楽になった。







部品ひとつが命取り。







あやこさW7











スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事