軒が続く妻籠宿

2009年09月26日 00:41

R0010342.jpg




1泊2日の旅なのに、写真を300枚以上撮っているせいか


そこから載せるのを整理して その中でも ちょっとしか載せられないので



既に、ちょっとまとめんのが疲れてきたアタシです。(まだ長いです。笑)




まぁ、ゆっくり、見てってください。(ゆっくり更新してきます… ふー)




さ、次ぎ来たのが 妻籠宿。




R0010346.jpg


R0010347.jpg


R0010348.jpg




ここは、さっきの馬籠とはまた雰囲気が違う。



道幅も、ちょっと広くなり 平坦な道が多い。


でも階段や石畳もちらほらあります。







R0010358.jpg R0010355.jpg





妻籠宿って、全国で初めて古い町並みを保存した宿場町。


国の重要伝統的建造物群保存地区に、選定されてる。(文字長い!!笑)







R0010354.jpg






R0010371.jpg R0010382.jpg




ヘチマ、久々にみたわー。


小学校のとき、作ってたわ。なつかしー。






R0010373.jpg




こういった、町並みがずーっと続いています。







R0010391.jpg





R0010380.jpg R0010381.jpg




大吉だって。


なんだか縁起がいい宿だわね。


ちなみにおみくじで、大吉ってあんま出た事ないワー。
(吉とか、半吉と、凶の繰り返し… なんなの!?)







R0010390.jpg R0010415.jpg




相変わらず、隙き間も忘れちゃいけません。(隙き間すき)







R0010395.jpg



そして、まさかの フジワラヒロシ!!!



・・・まぁ、あのお方ではナイですけど。字も違うしw

(勝手に撮ってごめんなさい。勝手にテンション上がって撮っちゃったわ。笑)








R0010394.jpg



あれ、あの家紋て。もしやアレかい?







R0010399.jpg



妻籠宿本陣。





R0010400.jpg







R0010377.jpg


これ高札場。

今日でいう「官報掲示板」。


幕府が庶民に対し、禁制や法度等を示したものだそう。



見上げてなんだかこれ 読みづらいわー。首いたい。


当時も、きっとそう思った人1人っくらいは、いたはず。笑









R0010404.jpg R0010423.jpg



右のは、橋の横に書いてあった看板。(理由わかった! きっと単に危ないからよー)


左の、長い階段を登ってみたよ。


すると





R0010406.jpg






ギンモクセイがあった。(天然記念物)


しっかし、匂いはゼロでしたよ。(もう、時期おしまいなのかね。)


あらら、残念。








R0010410.jpg



お花が、たっくさん。きれいだね。








R0010413.jpg





チビッコらも、なんだか楽しそう。







R0010414.jpg




家族連れが1番多かったのかなー。


あと、年配の夫婦2人旅とか。



いいよね、そゆの。のんびりと~。


団体さんがいなくって、よかったわ。







R0010398.jpg



R0010369.jpg




天気は、とっても良かったけど


夕方に近づくにつれ どんどん雲がもくもくってきた ��2






R0010396.jpg







今回の旅、出会った人々も多し。



ふー。まだ続きます。ashiatoashiato







R0010433.jpg




スポンサーサイト


最新記事