鋸山日本寺

2013年06月28日 18:01

実は、ずっと前から行きたいと思っていた鋸山。



R0023860.jpg



R0023862.jpg



これは頂上からの風景。



遠くに見えるのは、三浦半島。



R0023861.jpg




房総半島の南部に位置する山で、見た目岩肌がむき出しになっていたりする

奇形な山。




R0024079.jpg




標高329mと、低い山で

上まで来ちゃうと見た目の岩肌のゴツゴツとかの

そんなことは、分からないのだけど




R0023866.jpg



R0023868.jpg


これって、なんだろ?↑



歩いていると、普段の山の風景の他に石がよくでてきていたな。

どうやらこの山は、山は凝灰岩からなっているらしい。




R0023897.jpg



R0023887.jpg




山全体を練り歩いてみたのだけど、

何も感じないとこもあれば、ぞくぞくするような場所や

木々がすっごいきれいな場所もあって、なんだか不思議な山だった。




R0023880.jpg




時期の紫陽花も綺麗に咲いていた。




R0023874.jpg






個人的に、立ち止まって座ったのは、百尺観音。



R0023898.jpg




R0023901.jpg




あたしは、山全体の中でこのエリア周辺がすごく好きだったし


あたしここに住みたいと思った程、


ここの空気と緑がキレイだった。




R0023906.jpg




R0023904.jpg






ここから上を見上げると、地獄のぞきが見える。



R0023909.jpg




あの右上に、ぴょこんと出っ張っているアレがそう。



遠足に来ていた子供達が、あそこから「やっほー」と言っていた。


やまびこはなし。





しばらくここから動けなかったのだけど、あたしも地獄覗きをしに

行ってみた。




R0023919.jpg





あの出っ張り、自然の形とはいえあそこから眺めるなんて

よくやったもんだな。




遠足軍団が、向こうで集合写真を撮っている間に、覗きにいく。




R0023923.jpg




R0023924.jpg





これは横かな。



R0023925.jpg






これは、下!これが地獄覗きってゆうの?



R0023926.jpg



芝生の絨毯みたいで、きれい。なんて呑気に思っていた。




高い所が平気な方なので、大丈夫だったものの


この瞬間に岩崩れたら許さねーぞーと思ったりもした。





R0023927.jpg



そのあとは、大仏でも観に行くかと遠回りルートで

ぶらぶら。




R0023931.jpg




道は、舗装されてるのが多かったから歩きやすかったのだけど


正直ね、仏像が続々出てくるこのルート、不気味だった。





R0023945.jpg




R0023949.jpg




R0023950.jpg



頭がなくなってるのとか、なんかとにかくここの写真を撮る時は、


全部手を合わせて撮らせて下さいとお願いして、頭下げた。




あんま載せていいものではないから撮るのよそうと思うのだけど、

今後ここを行く人がいて


行ってから何ココ!駄目かもー!って思うよりは先に知ってた方が

いい事もあるでしょ。




さすがに、遠足軍団もこの道は通ってないからね〜。


皆近道ルートで歩いていたし。






R0023952.jpg




R0023953.jpg




木にとおせんぼさせられた気分だけど、くぐって歩き続けた。





千五百羅漢と雨あがりの空気と人に全く出会わないのと


妙な空気感があったのだけど、嫌いではない。






R0023965.jpg


これは、聖徳太子って書いてあったな。








R0023964.jpg




R0023963.jpg





うん、でも二カ所怖かったな。




だって、仏像のとこにアナウンスのスピーカーのテープとか

ないはずなのに、



なんかブツブツ聴こえてきた場所が1つだけあって


その声が急に右の耳元にスッときたから、やばいと思って


そこは早めに振り切ったりした。




R0023956.jpg




R0023955.jpg




もうひとつは、個人的に「ひゃっ!」っと思ってしまったのが

不動の滝のとこ。





R0023968.jpg




滝自体は、至って普通なのだけど

階段があったので上がってみようとしたら



そこに、頭無しの仏像が滝の前にいてさ、思わず変な声でた。


ドッキリてきなポイントで。怖かった。





なんでなのよ、なんか見ていられないこういう仏像。


こんな姿でもなんでそのまんまにしとくのさ。


これが自然の形ってことー?ああわからん。





R0023966.jpg




R0023975.jpg




まあそんなこんなで、千五百羅漢を抜けたら


全然、気がラク。空気がぜんっぜんちがう。




R0023971.jpg




R0023990.jpg



普通の山の空気に戻った気がした。


むしろ何も感じないくらい。





R0023981.jpg






そして、日本寺大仏がお目見え。



R0023985.jpg




R0023986.jpg




ここの敷地はのぺっと広く、芝生もあったり休憩スペース

もあったりして、やっと人にも会えた感。



皆、盛り上がっていたのだけど、あたしは普通だった。



とはいえども、30m以上もあるらしく


岩を彫刻してつくられた石仏。



そう、奈良の大仏や鎌倉の大仏より全然大きい!

個人的には、奈良の大仏好きなんだけどね。





R0024000.jpg




R0023993.jpg



そして少し歩くと、なんやら本堂があったのだけど


建設中?らしく見れなかった。





このあとほんとは浜金谷の方に降りて行こうと思ったのだけど、


そうなるとさ、結局来た道を戻るぱたーんなので

他の道歩きたくって、


なんとなく保田方面へ(反対方面)行くように下山し始めた。





R0024020.jpg





これかわいいね、かたつむり石だってさ〜


R0024019.jpg



R0024015.jpg




R0024014.jpg




普通の空気が流れていたので、


明らかに羅漢の場所は独特というのが


肌を感じて分かったのだけど、



たぶんこれは皆が皆感じるものではないと思うし


霊感とかない人や仏像好きな人は、きっと平気なのかもだね。




R0024005.jpg



なんだかんだ、あたしはこの山すきだったもんな。




R0024021.jpg



この後、午後またもう一回登ろうかなと

足が進みそうだったくらいだし。




そんな感じのなんとも惹かれる独特な山だった。

気づけば、休憩一切しなかったよ。


しいといえば観音のとこで5分くらいぼーっとしたくらい。


なので2時間〜2時間半くらいで廻ってしまったようだ。


R0024025.jpg


続く




あやこさW7








スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事