わがままっことロリュオスへ

2013年10月29日 11:20


IMG_0144.jpg



これもアンコール遺跡群なのだけど、


ここは市内から国道6号線を南東に13キロいったところにある遺跡へ。





IMG_0153.jpg



IMG_0154.jpg




市内で、6号線の市場付近は 人手が多く 交通がぐっちゃぐちゃ。




なんで車道に人歩いてんの?w  


中央線もないし〜危ないわ。







IMG_0158.jpg



しばらく走ると、だんだん自然いっぱいの道になってくる。






R0024287.jpg




そして、あたしはカンボジアの郊外に来て

まさかの稲花粉症状が出た。




唯一の花粉が稲だけなのだけど、まさかここで鼻とくしゃみがでるとはー。


市内から外れると、田んぼも多くってね。





R0024291.jpg






さてさて、ロリュオス遺跡のことだけど

アンコールよりももっと古い遺跡らしい。




この日は、見ての通り トゥクトゥクを1日チャーターしたのだけど

まあなんともこのドライバーとは合わなかったんだよな。

(前に書いたレストラン間違えた男)





あたしがランチに行きたい店があったのに、

結局俺のおすすめになったり



最後まで働かず自分の都合で帰っちゃったりとか、

理解出来ない行動もあったんだよね。



まあそんなドライバーにまずロリュオスへ走ってもらった。






R0024297.jpg



まずロレイという遺跡へ。




中に進むと、

え、なに、補強中とかそんな感じ?



R0024298.jpg



R0024302.jpg



R0024300.jpg





古いだけあって自然に生えた草木がまたいい感じだったのだけど

この外観、なんだか残念。





IMG_0161.jpg




中央にこの十字形があったのだけど

その上に聖水を注ぐと、四方に流れる仕組みで

これはクメールの農業を支える原点であった治水技術を象徴しているらしい。






R0024320.jpg




R0024323.jpg



R0024325.jpg





R0024322.jpg



サンスクリット語かなー?

ぜんっぜん分からんね。





R0024327.jpg





次に訪れたのは、プレア・コー。


R0024330.jpg




R0024334.jpg


この遺跡は、アンコール遺跡群の中でも最古の寺院らしい。







R0024348.jpg




R0024338.jpg




プリア・コーとは聖なる牛という意味らしくって

この寺に祀られていた聖牛ナンディに由来するだとか。



R0024335.jpg



本来の寺名はシヴァ神を意味する、パラメシュヴィラであったらしい。











R0024369.jpg









最後に、バコン。



R0024377.jpg




進んでいくと大きな池があって、左手に大蛇がいた。



R0024374.jpg




中国人はここでも記念撮影していた。というかどこへ行っても彼らはいるな。




R0024380.jpg


これもヒンドゥー教の寺院。

中央が5層のピラミッド型になっていた。




R0024384.jpg




各層にも意味があるらしく、下はナーガの世界から始まり

一番上の5層目は神の世界らしい。



R0024385.jpg



R0024387.jpg






ロリュオスは、午前中だけで見終わってしまったので

その後、ランチへ。






行きたい店があって、ココ行って〜と言ったのにさ


結局「俺おすすめ」の店になっちまった。何の為のチャーターだ。え?

自由にあれこれ使えるためではないのかねー?





IMG_0192_201310281739546aa.jpg


でも、あとあと思えば、

地元の人しか来ないような店で食べれて良かったのかもだけど



ドライバーが「ここすごく安いよ」というわりに、一般の店より100円位安いだけだった。



IMG_0186.jpg




味も、そこまでだったのだけど、

こういう店はツアーの人なんかは入らないだろうし、



あたしみたいな連れてかれた1人だとか地元の人がたまに入るしか

需要がないような気がして、



この店に入る時(まあオープンで隣と繋がってるけど)、

家へ来て、家の方が~って、取り合いだったくらい。




IMG_0194.jpg



生活必死なそんな姿を観てしまったら、

いくらでも店の為にご飯食べるよという

気になってしまった。




IMG_0190.jpg






このあと、博物館へ行きたくって

アンコール国立博物館へ走ってもらった。



R0024404.jpg



凄く立派な建物だった。







IMG_0434.jpg



いちお日本のパンフレットも置いてあったり、音声ガイドもあった。

結構広くって、2時間くらい鑑賞したな。



ここでいろいろ観たらさ、またアンコールワットに行きたくなった。




アンコールの閉館まで2時間あったから、

アンコールワット行ってと行ったのだけど

5ドル払わないと駄目だと言われた。(意味わからん)



なんだよ、おやつ代かなんかにするのか〜?



と思ったけど、ロリュオス行ったからアンコールは駄目ってことを

言っていた。でも5ドル払えばオーケーて、どゆこと?


その5ドルって!


やっぱりおまえのおやつか〜?






5ドルあったらご飯食べれるし、プラスに払う理由があまり納得出来ず

結局他に行きたいとこも思いつかなく、

2時間、昼寝しようと宿まで帰ったよ。のびたみたい。






R0024406.jpg




まあそのあと、

前に書いたスパエクコーを観に行くため

また迎えに来てもらったのだけど




そのときに「2歳の娘が熱出して帰ってきてほしいと妻が言ってる」と

訴えてきてさ~



わかるけど、その一大事分かるけど、



一日お金払ってんだから

最後まで努めろよと思っちまったな。あたし悪女。



でもしぶしぶ 分かったと了解するしかなかったけど。




なので、帰りは宿まで歩く事になっちまったのだけど

ここでまたいろいろあったのだよ。笑




R0024407.jpg




いちお自分が持っている地図に、

あらかじめ宿の人に宿の場所を☆印で書いてもらっていたの。




まあ道に迷ったらココへ行きたいって言ったら

伝わるだろうし、自分も迷わないと思ってさ。




ショーを観たレストランから徒歩で帰れそうだったから

地図を観ながら帰っていたのだけど、

なにか違う。



というかぜんっぜん知ってる通りに出ない!



☆印の方へきているのに、これ見慣れない道!



なにか違うし、え、なにあたしの泊まってる宿、幻?



やばい、疲れで頭おかしくなったんかなと

自分がおかしいのかと思ったよ。




R0024410.jpg



ナイトマーケットで、ぶらぶらしてしまえーと思ったのだけど

いやいや駄目だ、宿の場所が不明だし、いちお門限あるし。





地図通りに歩いても辿り着けず、なので自分の観た風景で

歩くしかなくなり歩いたものの、夜になってるせいか

ぜんっぜんわからん笑




無駄にトゥクトゥク使いたくなかったのに、

もう使うしか帰れないと思ったあたしは

トゥクトゥクを使った。あ〜無駄ガネ





地図を見せて、ココへ行きたいと言って走ってもらったのだけど

やっぱり同じく辿り着けない。うけるでしょ。




途中でそのドライバーのお姉さんも相乗りしてきて

一緒に宿を探し始めたのだけど、

地図の☆印の場所には、あたしが泊ってる宿がない!!!




結論を話すとさ、宿の人が書いた☆印の場所が、

完全に間違えて1,2本違う道に

印を書いていたわけよ。




そのせいで、あたしやこのドライバーも振り回されたわけだよ。




途中で他のドライバー仲間に聞いたり、いろいろ道を経て

やっとの思いで宿に帰宅~。




しかも途中でタイヤが異音し始めて、途中で止まったりと

ハプニングもあったよ。



歩いたら15分かかるかからない場所だったのに、

結局着くまで1時間15分くらいかかっていた。ありえん





とはいえ、このドライバーと姉さんは必死に一緒に探してくれて

助けられた。




そもそもチャーター男が家に帰らなければ

こんな面倒くさいことにはならなかったのにな。って思ったら

まーた妙にいらいら~ってなった夜だったよ。


あいつめー






IMGP2262.jpg



このことを、帰国してから友人に話したら

カンボジアはこういうのよくあるみたい。





友人の友人がカンボジアに住んでいるみたいで、

その人もトゥクトゥクを使うみたいなんだけど、

時間通りに来なかったりとか、やっぱゆるいらしい。




R0024396.jpg




日本は、時間も守るし、仕事はきっちりやるのが当たり前だけど

カンボジアは、自分の予定や都合が主でお客は二の次なのかもしれないー。



皆が皆そうではないと思うけどさ~。


やっぱり、すんなりいかないのが ひとり旅。





あやこさW7






スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yaako3.blog99.fc2.com/tb.php/852-8af8911f
    この記事へのトラックバック


    最新記事